フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 853.加藤清正のリスク管理 | トップページ | 神経質礼賛 855.今年の漢字は「金」 »

2012年12月12日 (水)

神経質礼賛 854.病棟のクリスマス会

 ある病棟のクリスマス会で楽器を弾くように依頼があった。クリスマスにふさわしい曲といえば何はともあれ「きよしこの夜」。これは最後にみんなで歌う曲とした。「ホワイトクリスマス」は以前に弾いたことがあるので避けて、演奏するのは「アヴェ・マリア」にした。アヴェ・マリアとはラテン語で「おめでとう、マリア」というような意味らしい。「アヴェ・マリア」と題する曲は多い。かつてドリフの「8時だヨ!全員集合」で聖歌隊の最初に流れた曲はアルカデルトのアヴェ・マリアだった。モーツァルト作曲のアヴェ・マリアも有名だ。近頃はカッチーニのアヴェ・マリア(351)が演奏されるようになってきた。やはりオーソドックスなところではCM音楽としても多用されるシューベルトのものと、バッハ~グノーのものがよく知られているのでこの2曲を並べてみることにした。シューベルトの方はもともと宗教曲ではない。起伏に富んでいて、ちょっぴり色っぽいマリア様を連想する。バッハ~グノーの方はバッハのチェンバロ(ピアノ)曲「平均律クラヴィーア曲集」の前奏曲にグノーが旋律を乗せたものだ。こちらは清楚なマリア様といった感じである。シューベルトの方はよく市販の伴奏CDに収録されているがバッハ~グノーの方は意外とないものだ。そこで、あわててシンセサイザーソフトに楽譜を打ち込んで伴奏を作る。とはいえ、聞き覚えではバッハの原曲に比べると、後半の短調から長調に戻るところに1小節追加があるように思う。手持ちの伴奏譜がないので、家にあったバッハのピアノ譜の通りに入力し、ヴァイオリンパートをそれに合わせて変更した。あともう1曲市販の伴奏CDを利用して「アメイジング・グレース」を弾くことにした。当直勤務が立て続けの中なので、1週間前の日帰り勤務日に楽器を持ち込む。

今日がクリスマス会の当日。午前は外来担当日だ。新患さんが来て、外来患者さんの急な入院があって、大忙し。入院時の書類書きや処方などの指示でハラハラする。何とか1時にはおおむね書類書きを終える。それでも、作成した伴奏CD―RWが止まってしまったり音飛びしたりしないかどうか、事前にラジカセでチェックするのは神経質ならではである。145分の開始時刻には何とかセーフだった。下手な演奏だけれども、ヴァイオリンは見ていて動きが大きいので、患者さんたちが喜んでくれるのが何よりだ。ご褒美にケーキをいただいた。病院からさらに山の上に上がったところにあるブルーベリーという名前のおいしいケーキ屋さんのショートケーキだった。夜の病棟見回りを終えてからいただいたが、ひときわおいしく感じた。

« 神経質礼賛 853.加藤清正のリスク管理 | トップページ | 神経質礼賛 855.今年の漢字は「金」 »

コメント

先生、こんばんは。

「アヴェ・マリア」と「アメイジング・グレース」~すばらしい選曲ですね。私も聴いてみたいです。入院されている患者さんたちは病気で大変かもしれないけど、きっと先生のバイオリン演奏で慰められたと思います。

 とてもお忙しい中、先生は患者さんたちのために演奏の依頼を引き受けられて、そして患者さんたちが喜ぶのを喜ばれて、僭越ながら、素晴らしいです。この記事を読んで、あるお医者様の教えを思い出しました。その先生は以前もお話させて頂いた森田療法の先生なのですが、お書きになっているものを読むと、「神経症の人は幼弱性が強く、自己中心的になりがち。人のために尽くすことを心掛けよう」といものだったと思います。普段はそのような理屈で説得されていたわけではないのですが、私が、例えば「音が気になってしょうがないのに、うちの父はバタンバタン戸を閉めるし、大声でしゃべるし・・・」とか愚痴を言うと、先生は「アハハハ、お父さんの肩でも揉んであげなさい」「お母さんは忙しいんだから、お手伝いしてあげれば喜ぶよ」といった助言を下さいました。大きなことでなくていい、そんなささいなことでも十分に「人のため」だよ、という温かなことも言われていました。

 先生、そのショートケーキがいかに美味しかったか、私もわかる気がします。私もクリスマスケーキを美味しく食べれるように、あと10日あまり頑張らなくてはと思いました。

先生、こんばんは。
クリスマスの演奏お疲れさまでした。 私も一度、バイオリンの音色を聴いてみたいです。
私が山の病院へ行くと数回に一度はブルーベリーへ寄ってケーキを買います。 治療を頑張ったご褒美と自分に甘い私です。
今月はご褒美があるかな…

anxiety様

 コメントいただきありがとうございます。
 お返事が大変遅くなってすみませんでした。

 その森田療法の先生はとても立派な先生だったのだと思います。人のために行動できるようになれば、神経質も完成品に近づきます。まずは「己の性(しょう)を尽くす」とか「物の性を尽くす」ができるようになってから、さらに進んで「人の性を尽くす」となれば本物です。それを日常生活の中で平易にできることから教えておられたのだと思います。

ヒロマンマ様

 コメントいただきありがとうございます。
 お返事が大変遅くなってすみませんでした。
 ブルーベリーのケーキはそのままでもおいしいですけれど、御褒美となればもっとおいしくなりますね。これからも御褒美が増えるといいですね。
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 853.加藤清正のリスク管理 | トップページ | 神経質礼賛 855.今年の漢字は「金」 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30