フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 879.男性不況 mancession | トップページ | 神経質礼賛 881.中華風しゃぶしゃぶ »

2013年2月25日 (月)

神経質礼賛 880.神経質は劣等感から?

 神経質人間は劣等感が強い、とよく言われるし、実際そうではあるけれども、そのウラには、人よりも優れたいという強い欲望がある。そのことについて、森田先生の治療を受けていたある患者さんが形外会の場で述べ、森田先生と高良先生がそれに答えた記録がある。


 
小川氏 学者は神経質は劣等感から起こるというけれども、私は優越感から起こると思うがいかがでしょう。

森田先生 その説の方が面白い。例えば赤面恐怖は負けず嫌いであり、勝ちたがりである。単なる劣等感ならば、当然人に負けていても不満を起こさないはずである。しかもいかにしても、それで満足する事のできないところに優越感がなくてはならぬのである。

 死にたくないのは生きたいがためであり、恐怖は欲望のためである。相対的関係であるから、一方からのみ論じてはいけない。

高良博士 私共も学生時代、自分の意志が弱いと思って、夏、わざと水筒も持たずに山登りをしたり、無銭旅行などやった事がある。劣等感は強いけれどもそれなりで負けていたくないからいろんな努力をする。こんな神経質の療法としてはまずい方法でも、自分でやろうと思えばたいていのことはできるという自信だけはできるのである。(白揚社:森田正馬全集第5巻p.63-64


 
 自分はダメだという劣等感からヒネクレて何も努力しなければ単なる意志薄弱の本当のダメ人間なのだが、神経質はそのままではいられない。何とか人より優れたいと内心思っているから努力を重ねる。それでもまだまだダメだと思い、さらに努力を続ける。気が付けば、決して人に劣らない人間になっている。それでも「生の欲望」が強いから、まだまだ努力を続けるのである。弱いようで強いのが神経質である。

« 神経質礼賛 879.男性不況 mancession | トップページ | 神経質礼賛 881.中華風しゃぶしゃぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 879.男性不況 mancession | トップページ | 神経質礼賛 881.中華風しゃぶしゃぶ »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30