フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

神経質礼賛 900.運命を切り開く

 神経質人間は自分に降りかかった嫌なことを、ことさら大きく捉えてしまう傾向がある。そして苦しみを強調しがちである。誰でも人前では緊張するものを対人恐怖の人は自分ばかりが苦しいと思うし、不安になれば動悸や息苦しさを感じるのは普通のことながら不安神経症の人は「どこか体がおかしいはずだ」「死ぬのではないか」と心配してさらに注意を自分の体に向けて動悸や息苦しさを悪化させることになる。強迫神経症の人は何事も完全にすることは不可能であるのに完全にしようとして強迫観念に悩む。


 
 作家の倉田百三は種々の強迫症状に悩まされて森田正馬先生のところに通院し、形外会にも参加して症状は軽快した。その倉田百三の著書を森田先生は俎上に載せている。


 
話は変わるが、倉田(百三)氏の著『神経質者の天国』の巻末に、こんな事が書いてある。

「運命は自分に、尊き暗示に満ちた課題を与え、しかも立派に、これを解決させてくれた。自分が受けたる異常なる精神の苦しみも、今はかえって甘きものとなり、自分の生命の根を培う養いとして、貯えられたように思わる。『我々は、運命を堪え忍ぼう』自分が最後にこの記述を閉じる語はこれである。そしてこの語には、いずくともなき浄き光が、永久に照らしているように思うのである。」

 私はこれに対して、こんな批評をしてある。「運命は堪え忍ぶにおよばぬ。例えば偶然に、山から石が落ちて来た時に、死ぬ時は死ぬ。助かる時は助かる。堪え忍んでも、忍ばなくても、結局は同様である。我々はただ運命を切り開いていくべきである。正岡子規は、肺結核と脊椎カリエスで、永い年数、仰臥のままであった。そして運命に堪え忍ばずに、貧乏と苦痛に泣いた。苦痛の激しい時は、泣き叫びながら、それでも、歌や俳句や、随筆を書かずにはいられなかった。その病中に書かれたものは、随分の大部であり、それが生活の資にもなった。子規は不幸のどん底にありながら、運命を堪え忍ばずに、実に運命を切り開いていったという事は、できないであろうか。これが安心立命であるまいか。」(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.261


 
 倉田百三の「運命を堪え忍ぼう」にはまだ「はからい」の心があるのに対して、森田先生の「運命を切り開く」は仕方なしに境遇に柔順に行動していく、いわば「あるがまま」という違いがあるのだと思う。「運命を切り開く」と言うと、大層のことのように思われるかもしれないが、実は私たちの何気ない日常生活の中にあるのだ。緊張して嫌ではあっても必要となれば人前で話をしたり会食したりする。不安でドキドキは気になりながらも通勤の電車に乗ったり会議に出たりする。確認したくなりながらも後ろ髪を引かれる思いのまま次の行動に移っていく。不潔が気になって手を洗いたくなっても普通の人が洗わない程度のことであれば他のやるべきことを優先する。どれもが小さいけれども「運命を切り開く」行為である。そして、そうした行為を積み上げていくと自然に運命は大きく切り開かれていくのである。

2013年4月26日 (金)

神経質礼賛 899.財布の中の金額

 4月21日付読売新聞の家庭欄に「財布の中 いくらで安心?」という記事があった。その疑問に関しては、読売新聞の掲示板「発言小町」に多くの人から意見が寄せられたという。50代では男女とも「キャッシュが財布に入っていないと心配」とか「仕事の際には長距離タクシーの利用など万が一のため5-10万円」というように、いざという時のために十分な現金を持つ、という意識が強く、「社会人ならば年齢×千円の現金は持つべき」という考えの人もいた。それに対してクレジットカードや携帯電話の電子マネーを利用している20代では、現金は数千円だったり時には財布を忘れたりするという。海外在住者は「使えるところはすべてカードで済ます」というような意見が強かった。私が会社員時代に読んだビジネス雑誌には、年齢×2千円を入れておくように、と書いてあった記憶がある。なお、日本銀行による2011年の成人2000人の調査では、財布の中の平均現金額は「5千円以上1万円未満」と「1万円以上2万円未満」がそれぞれ3割を占めたという。


 
 神経質な私はその記事にあった年代相応(?)の金額を財布に入れている(財布そのものはヨーカドーのワゴン売りの千円の安物でもう7、8年は使っている)。1万円札だとおつりがもらえなくて困ることを考えて、必ず千円札は10枚以上入れてある。これは若い頃からの習慣であり、バスの中で他の乗客が1万円札しか持っていなくて困った時に両替してあげられたことがある。それから以前の記事に書いたように並べ癖があるので、小銭も種別に並べて入れてある。さらに、財布を盗まれたり落としたりした場合を考えて、ポケットの免許証入れには非常用の1万円札1枚を入れてある。それだけでは心配なので、通勤のバッグの中には千円札3枚が入っている。これは、もし、例えば東京に出てお金がなくなってしまった場合でも高速バスで家まで帰れる金額である。幸い、これらの非常用のお金を使わなければならない事態には遭遇していない。クレジットカードや電子マネーの時代ではあるけれども、外出中に突然、大規模な停電が起こってカードや電子マネーが使えなくなることだってあり得るのだから、用心しておいて損はない。

2013年4月22日 (月)

神経質礼賛 898.迷信と科学

 わが家でも怪奇現象は起こる。家で寝ていて、真夜中に「ジー、ジコジコジコ」という音にビックリすることがある。家族がコピー機代わりに使うように廊下に複合プリンタを置いてある。ところが、このプリンタ、電源OFFにしてあっても稀にヘッドクリーニングが作動して前述の音がするのである。コンセントを抜いてしまえば大丈夫だとは思うけれど、しばらく使わないでいてインク詰まりを起こしても困る。どっちにしようか。悩ましい。

 以前住んでいたマンションではCDMDラジカセが触らないのに夜中に突然電源が入って大音量でラジオが鳴り出し、驚いたことが時々あった。夜間、FM放送をかけていると違法トラック無線と思われる通話が飛び込んで来ることがあったから、おそらくそうした違法無線の電波を拾って誤動作したのではないかと推測している。悪霊の仕業ではない。一見、怪奇現象であっても、必ず原因があるはずである。


 
 森田正馬先生の色紙に

「狭い世界に於ける科学を迷信といひ

 広い世界に於ける迷信を科学といふ」

というものがある。

 森田先生の時代には神経症は神経衰弱と呼ばれ、原因不明の病気とされ、現代から見れば無意味な薬が投与されていた。森田先生は当時行われていた治療をすべてやりつくした上で画期的な治療法を編み出された。

 現代では検査技術が進歩しているし、薬も次々と開発されている。神経症の治療も薬物療法第一になってきている。しかし、薬を使わなくても森田療法や認知行動療法などの精神療法によって治るものもある。「エビデンス」があるとされる薬剤や検査が科学的で精神療法は迷信とは言えない。逆の場合だってありうるのではないだろうか。

2013年4月19日 (金)

神経質礼賛 897.夜の怪奇現象

 外来通院している患者さん。自分が夜寝ている間に誰かが勝手にカップラーメンを食べたりタバコを吸ったりしていて、朝起きるとテーブルの上が散らかっていると訴える。一人暮らしの人だから本人以外はありえない。「あなたが食べたんじゃないの?」と問うと、「エー!そんなはずないよー!」と。別の患者さんはDVDがなくなったり財布がなくなったりすると訴える。妄想に基づく言動である可能性も否定はできないが、睡眠薬が悪さをしている可能性が高い。睡眠薬を飲んでもすぐに寝つけずにもうろう状態のまま起き上がって食べたり飲んだりTVを見るなどして、後をそのままにして寝てしまうと、その間の記憶が残らず、誰かが部屋に入り込んで勝手に食べたり飲んだり物をいじったりした、ということになってしまうのである。DVDや財布がなくなると大騒ぎしていた患者さんは作業所に行き始め、だんだん日中の活動量が増えてきて、よく眠れるようになったため、睡眠薬を漸減し、今では怪奇現象は起こらなくなっている。睡眠薬の副作用に健忘がある。夜中に眠れないからといって頓服を飲む方は、すでに飲んだことを忘れて繰り返し飲んでしまい、自覚がないまま過量服用してしまうことがあるので注意が必要だ。眠れなかったら夜中に飲もう、などと枕元に睡眠薬を置いておかない方が安全である。

 統合失調症や躁病やうつ病のためやむを得ず睡眠薬を使う場合はあるが、神経症性不眠には睡眠薬は好ましくない。一睡もできない、と本人が訴えても、家族に聞くと、夜中はぐっすり眠っている、ということはよくあることだ。「眠れないと次の日の仕事に支障がある」「眠らないと健康に悪いから心配」といった「寝なければいけない」とこだわる不眠恐怖が本態である。眠ろうと焦れば焦るほど眠れなくなるものだ。「眠りは与えられただけ取る」であって、眠れても眠れなくてもよいから決まった時間横になっていれば疲れは取れる、と考えていただけるとよいと思う。

2013年4月15日 (月)

神経質礼賛 896.クリーニング取次店の閉店

 冬物衣類をクリーニングに出そうと思って行きつけのクリーニング取次店に持って行った。いつものように歩いて近くまで行ったが、何か変だ。看板がなくなっている。店のシャッターも下りている。張り紙には「都合により閉店いたしました。19年間御愛顧いただきありがとうございました」との文面が書かれていた。今の街に引っ越してきてから衣類のクリーニングとフィルム現像・プリントをいつも出していた店だ。最近はフィルムカメラを使わなくなっているので、もっぱらクリーニングだけだったが、名前を覚えていてくれて向こうで伝票を書いてくれるのでラクだった。他に店も思いつかないので、仕方なく持ち帰る。

 自分の店でクリーニングをしているような店は激減した。そして、クリーニング取次店も少しずつ減っているような気がする。ネットで業界関係の文書を見てみると、やはり業界全体の需要が減っているのだそうだ。一世帯当たりのクリーニング料金は年々減少傾向にあり年間1万円を切っているという。自宅で洗濯できる素材の衣料が増えてきたこと、洗剤の改良や洗濯機の改良により洗濯機が使える範囲が広がったことなどが原因として考えられる。また、我々のような神経質人間は仕上がり日にはすぐに取りにいくけれども、ズボラな人はそのまま忘れて(あるいは意図的に)放っておくようなことがあって、店側もそうした衣類の処理に困るということもあるようだ。コート・毛布などの大型洗濯物を中心に、仕上がり後1か月以上引き取りに来ない「洗濯物滞留品」は増加傾向で、保管スペースを取ってしまうばかりでなく、日焼けや変色によるトラブル発生の原因になって、店の経営に悪影響を与えているという。こうした状況を考えると、今後さらにクリーニング店や取次店は減少していく可能性が高いだろう。

 クリーニングのためにわざわざ車を出すのもムダである。比較的近くにあった別の取次店も数年前に閉店してしまったので、歩いて行きやすい店を探さなくては。

2013年4月12日 (金)

神経質礼賛 895.気に入らぬ風もあろうに柳かな(2)

 書店員が選んだ2013年本屋大賞に百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』(講談社)が選ばれた。これは出光興産の創業者・出光佐三をモデルとした経済小説なのだそうだ。第2次世界大戦後のどん底状態から死にものぐるいで戦い続けて日本を経済大国にした一人である出光佐三の姿を描くことで、経済が右肩下がりとなりさらには東日本大震災で打ちのめされた日本人を勇気づけたい、という作者の願いがこめられた作品だという。

 出光佐三(1885-1981)については以前689話で紹介している。大胆不敵な人物と思われるかもしれないが、元来は神経質な人である。「何かをやるにしても考えて考えて考え抜く。それが私の一生である」という自らの言葉のように、実際には慎重に熟慮に熟慮を重ねた上で、仙厓(90話参照)和尚の書画を見て「世俗にこびざる名僧の教えを受け、ひるむ心に鞭を打ちつつ家を出た」、そして恐怖突入していったのだ。

 一代で大企業を作り上げたような人はよく自分の写真を事業所の応接室などに掲げたがるものだ。しかし、出光佐三は部下から求められても決してそうしなかった。その代わりに各事業所に掲げさせたのが江戸時代の禅僧・仙の「堪忍柳画賛」という禅画である。風に靡く柳の絵の左側には「気に入らぬ風もあろふに柳哉」、右側には大きく「堪忍」の文字が書かれている。この禅画が出光佐三の心を支えていたのである。


 
 この句については森田先生も患者さんの指導の際に引用している。


 
 「気に入らぬ風もあろうに、柳かな」という事がある。「今度あの風が吹いたら、こんな風に靡(なび)いてやろう」とかいう態度が少しもなく、柳の枝は、その弱いがままに、素直に境遇に従順であるから、風にも雪にも、柳の枝は折れないで、自由自在になっているのである(森田正馬全集第5巻 p.318)と述べ、症状はあっても仕方なしに仕事をしていれば神経症がよくなっていくと説かれている。


 
 私たちの人生でも順風満帆というような都合の良い風はそうそう吹かない。むしろ無風だったり逆風に悩まされたりする時の方が多いだろう。風を変えようと思っても変えるわけにはいかない。柳のように気に入らない風は枝葉をなびかせて自然に受け流し、じっと耐えるしかない。そして、その間に熟慮を重ねた上で、機を見て内心ビクビクしながらも出光佐三のように思い切った勝負に出れば勝機はある。

2013年4月10日 (水)

神経質礼賛 894.PTAうつ・町内会うつ

 3月・4月は入学、入社、異動、転勤などで生活上の大きな変化が出やすい時期である。また、季節的に、体調変化をきたしやすい時期である。そのため、うつなどの気分障害が増える時期でもある。特に女性のうつを引き起こすストレス要因として、PTA役員、町内会(自治会)の役員がある。実際、外来の女性患者さんでPTAの役員になってしまったとか、町内会の組長・班長が回ってきたとか、場合によってはその両方が一度に重なってしまったとかをきっかけに、うつ状態に陥ったり、強い不安に襲われたりする人はよくいるものである。

 学校のPTA役員は、なり手がいなくてクジやジャンケンで決めているという話をよく聞く。町内会の役員も、かつてはその地区で大きな商売をしている人が引き受けていたが、今では個人商店の衰退や高齢化のために引き受ける人がいなくなってきている。何度も役員決めの会合を開くことになる。「ウチだってやったんだから誰だってできる」と言う人もいるけれども、実際には個人の負担が非常に大きい。絆は大切だけれども、時代に見合ったPTAや町内会にしていく必要があるのではないだろうか。「昔からやっている」という決まり文句に縛られずに、なるべく会合を減らしたり、効果の少ない行事は廃止したりする事業仕分けが必要だ。

私が住んでいる町では、以前、廃品回収は子供会の仕事だった。トラックを運転できるお父さんがトラックを借りてきて運転し、各家の前に出された新聞紙や雑誌やダンボールをお母さんたちがトラックに積み、学校に運搬する、ということをやっていた。わが家が子供会の会長となった年には妻がトラックの荷台に乗って働いてくれた。数年前に、ようやく業者に委託となって、子供会の負担は減った。祭りの時には2日間、お母さんたちが小学校のグランドにテントを立てて焼きそばの模擬店をやっていたが、これも仕入れたものを売るだけに負担軽減となっている。赤い羽根や緑の羽根の募金も町内費から一括にして、組長さんが集金して回る手間は減った。まだまだリストラして負担軽減を図る余地はあるはずだ。町内会は防災のように住民の安全・健康を守るための組織に特化して、祭りや旅行など諸行事は愛好者がボランティアで行いそれが集まらなければ廃止したらよいのではないだろうか。

本来、学校の生徒・父兄のためのPTAであり、住民のための町内会であるはずだ。「うつ」を作るような組織ではいけない。

2013年4月 8日 (月)

神経質礼賛 893.やくざ

 やくざ、と言うとその筋の商売の人、という印象を持たれることと思う。それ関係の警察の相談電話番号も「ヤクザゼロ」のごろ合わせから8930という番号をよく使う。国語辞典を見ると、まず、役に立たないもの、つまらないもの、という意味が書かれている。やくざの語源は江戸時代あたりまで遡ることになる。花札賭博では3枚の札を取って合計の1の位で勝負する。8が出て9が出れば合計17、つまり7点というわけで、普通の人ならば良い点数だと考えてそこで満足して3枚目は引かないのだが、射幸心が強い人間は欲張って8点や9点を狙ってもう一枚引く。そこで3を引いてしまうと合計20で0点、つまり最悪の「ブタ」になってしまうのだ。このように欲に駆られてつまらないことをすること、あるいはそういう人をやくざと言うようになった、という説が有力なのだそうだ。

 神経質人間の場合は、一か八かの勝負に出ることは少ない。手堅く安全を目指すから投機的なものにはまず手を出さない。大儲けすることはないけれども大損はしない。家計を破綻させるリスクは極めて低い。これは神経質のよいところである。

 近頃、週刊誌が株や投資信託は儲かるなどと盛んに煽り立てているけれども、かつてのバブル経済の大失敗も「のど元過ぎれば熱さを忘れる」なのだろう。○○ノミクスやら○○クロバブルと称するものには危ういものを感じる。一種の博打であり、「やくざ」に他ならない。国家の中央銀行である日銀がいかさま賭博の元締めヤクザでは困る。世界を見ても、アイスランドやギリシャの経済破綻、スペインの経済危機、キプロスの銀行預金カット騒動、があったが、日本が抱えている借金はそうした国々よりも桁違いに大きい。今年度は消費税アップ前の駆け込み需要で富裕層を中心に高額商品を購入することが考えられる。さらにカネをバラまけば一時的には経済はよくなるだろうが、その後にもっと大きなツケが回ってくるのを忘れてはならない。官製バブルがはじけた後には、またまた銀行や保険会社や大企業の破綻が予測される。それらを救済するために莫大な税金を投入することになるのである。

2013年4月 5日 (金)

神経質礼賛 892.PM2.5とタバコの煙

 北京をはじめとする中国の大都市で大気汚染が問題になり、PM2.5が話題になっている。大気汚染のため深い霧がかかったようになっている大都市のニュース映像は衝撃的だった。PM(Particular Matter)とは粒子状物質のことで、例えば粒子径2.5μm(1000分の1mm)以下の大気中の微粒子をPM2.5と呼んでいる。より大きな粒子状物質に比べ、このような微小の粒子状物質は地上に落下せずに大気中を浮遊し、健康への悪影響が大きいと考えられている。微小なため、通常のマスクでは防ぐことができない。これらが偏西風に乗って、日本に飛来しており、各地でPM2.5の測定を行い、数値が高い時には注意を喚起ようになってきた。

 神経質な皆様はPM2.5を心配されていることと思う。しかし、実は身近なところにもPM2.5は存在する。それは、タバコの煙、特にフィルターを介さない副流煙である。アメリカ環境保護局の基準によれば、一般の人々の呼吸器に症状があらわれて「危険」とされるPM2.5の濃度は1立方メートルあたり66-150μg(1gの1000分の1)、それ以上は「非常に危険」とされているが、喫煙が自由な居酒屋で測定すると500μgを超え、これは大気汚染がひどい時の北京並みの汚染度だという。分煙の禁煙席でも完全に仕切られていない場合には300μgにも達するという(平成2543日の日本経済新聞より)。利用客はもちろん、汚染された空気に長時間さらされる従業員の健康にも悪影響があるだろう。路上喫煙者の後ろを歩いていてモロに副流煙を吸わされるのはかなわない。家庭内でも誰かが吸えば、家族を危険にさらすことになる。たとえベランダで吸っても、呼気に含まれていたり、衣服に付着したりして、室内に発癌微粒子が長時間漂うことになる。PM2.5を問題にする前に、タバコの副流煙対策を考えてほしいものである。

2013年4月 1日 (月)

神経質礼賛 891.腰痛

 3月28日付毎日新聞に、米ワシントン大学・東京大学などの研究チームによる、健康に脅威を与える病気や障害についての研究結果が紹介されていた。日常的に支障をきたし健康寿命を縮める病気や障害は、2010年の分析で日本では1位が腰痛、2位が脳卒中、3位が虚血性心疾患だったという。この結果を見ると、「たかが腰痛」では済まされない。

 最近の厚生労働省の発表によれば、仕事を4日以上休んで労災と認定された腰痛はここ10年間で3倍近くに増えているという。社会福祉施設で介護にあたっている人たちに腰痛が多いと言われている。

 その腰痛であるが、ヘルニアや脊柱管狭窄症とは異なり、ハッキリした原因がわからない非特異的腰痛が腰痛全体の約8割を占めている。ぎっくり腰もその一つだ。日本整形外科学会と日本腰痛学会が作った腰痛診療ガイドライン2012が出版されている。それによれば、痛みがなくなるまで安静にするのではなく、できるだけ早く体を動かすのが治療のポイントなのだそうだ。また、心理的ストレスが腰痛に大きく関係し、慢性的な腰痛には運動療法と認知行動療法が有用とのことである。


 
 神経症も同じことである。さらには慢性化したうつ病も同様の場合がある。症状がつらいからといって仕事や学校や家事を休んで寝ていたところで良くはならない。悪化するばかりである。「神経質が自己の苦悩のうちに埋もれて布団を被って寝ておれば、心身の機能は自然に沈下低減していくことは、当然の帰結である」という森田先生の高弟・古閑義之先生の言葉の通りである。無理はいけないが、健康人らしく行動していくのが一番のクスリである。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30