フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 896.クリーニング取次店の閉店 | トップページ | 神経質礼賛 898.迷信と科学 »

2013年4月19日 (金)

神経質礼賛 897.夜の怪奇現象

 外来通院している患者さん。自分が夜寝ている間に誰かが勝手にカップラーメンを食べたりタバコを吸ったりしていて、朝起きるとテーブルの上が散らかっていると訴える。一人暮らしの人だから本人以外はありえない。「あなたが食べたんじゃないの?」と問うと、「エー!そんなはずないよー!」と。別の患者さんはDVDがなくなったり財布がなくなったりすると訴える。妄想に基づく言動である可能性も否定はできないが、睡眠薬が悪さをしている可能性が高い。睡眠薬を飲んでもすぐに寝つけずにもうろう状態のまま起き上がって食べたり飲んだりTVを見るなどして、後をそのままにして寝てしまうと、その間の記憶が残らず、誰かが部屋に入り込んで勝手に食べたり飲んだり物をいじったりした、ということになってしまうのである。DVDや財布がなくなると大騒ぎしていた患者さんは作業所に行き始め、だんだん日中の活動量が増えてきて、よく眠れるようになったため、睡眠薬を漸減し、今では怪奇現象は起こらなくなっている。睡眠薬の副作用に健忘がある。夜中に眠れないからといって頓服を飲む方は、すでに飲んだことを忘れて繰り返し飲んでしまい、自覚がないまま過量服用してしまうことがあるので注意が必要だ。眠れなかったら夜中に飲もう、などと枕元に睡眠薬を置いておかない方が安全である。

 統合失調症や躁病やうつ病のためやむを得ず睡眠薬を使う場合はあるが、神経症性不眠には睡眠薬は好ましくない。一睡もできない、と本人が訴えても、家族に聞くと、夜中はぐっすり眠っている、ということはよくあることだ。「眠れないと次の日の仕事に支障がある」「眠らないと健康に悪いから心配」といった「寝なければいけない」とこだわる不眠恐怖が本態である。眠ろうと焦れば焦るほど眠れなくなるものだ。「眠りは与えられただけ取る」であって、眠れても眠れなくてもよいから決まった時間横になっていれば疲れは取れる、と考えていただけるとよいと思う。

« 神経質礼賛 896.クリーニング取次店の閉店 | トップページ | 神経質礼賛 898.迷信と科学 »

コメント

先生、こんにちは。

お陰様で、私は眠るのにまったく薬が要らなくなりました。よく眠ります。線香をたてると、スーッと眠ってしまいます。線香がなくても平気ですが、気持ちよいので、毎晩のように使っています。

先生、こちらは今桜が咲いていて、場所によってはほぼ満開になっています。そして、今日雪が降りました。現在は雨に変わっていますが、午前中はけっこう激しい雪で、家の近所の桜は、一部が枝に積もった雪で花の色が見えなくなって、なんか凄かったです。桜と雪・・、句にしてみたいです。

先生、こんばんは。

先生のお話は大変ためになります。眠れなくても横になれれば体は休まると考えれば、寝不足を意識せずにすみますね。

前々回のお話、PTA鬱の話は正にリアルタイムなお話でした。
今年、くじ引きにてPTA役員となり、会社を休んでも、役員会を休んでも迷惑をかけると、胃がいたくなる思いです。

生真面目な性格から、相当なプレッシャーですが、先生のお話のように、生真面目だから苦しみながらも何事も上手くいく!と考えて流れにまかせてやらなきゃいけないことをこなしますpunch

anxiety様

 眠れるとか眠れないとかを問題にしなくなった時、不眠症は自然消失しているものです。

 満開の雪と桜、すごい組み合わせですね。めったに見られない光景だと思います。また機会がありましたら、一句御披露いただければと思います。

アッシュ様

 仕事に家事にPTA役員が追加されてしまったら本当に大変だと思います。ただ上からの決まりごとを伝達するだけの会合は極力なくして、プリントもFAXやメール添付ファイルで配布するようになるといいんですが・・・。
 どれもこれも完璧にやるのはムリです。PTA役員に関してはあまり頑張らず(頑張ると来年・再来年もっと大きな仕事を頼まれちゃいますよ)スレスレ合格の最低限60点狙いがよろしいかと思います。
 いろいろスケジュールが詰まってプレッシャーかとは思いますが、先の心配は置いておき、今度は家族でどこに遊びに行こうか、と楽しいことも考えながら、今日一日をクリアしていかれればよいのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 896.クリーニング取次店の閉店 | トップページ | 神経質礼賛 898.迷信と科学 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30