フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 929.ヤマボウシの実 | トップページ | 神経質礼賛 931.遠泳と回泳 »

2013年7月29日 (月)

神経質礼賛 930.「お大事に」「ご自愛ください」

 病院の診察室を出る時、医師から言われる言葉は通常「どうぞ、お大事に」である。似たような言葉に手紙文の最後に書かれる「どうぞご自愛ください」というものがある。どちらも柔らかくて響きのよい言葉であるけれども、これは自分の心身の変化に過度に注意を向けている神経症の人には不適切な場合がある。例えば不眠に過度にこだわり「一睡もできない」などと言う神経症性不眠は、客観的には眠れている。パニック発作は死ぬほど苦しく感じられても、客観的には循環器系や呼吸器系の異常はなく、死ぬことはない。人前で激しく緊張して話ができないと訴える対人恐怖の人も人前であいさつさせれば客観的には堂々と話している。そこで症状を恐れてお大事にして何もせずに休んでばかりいたのでは、却って心身の機能は衰え、生活リズムが乱れ、症状を悪化させるばかりである。「お大事に」「ご自愛」し過ぎるのが神経症である。


 
 森田正馬先生は『生の欲望』の中で、「或強迫観念症の患者のために」として次のように書かれている。


 
小我の偏執

 明けくれに己が苦悩をいたはりて子等も人をも思ふひまなし

自我の拡張

 いとし子の生い立ち行くを楽しみに我年ふるを知らで過ぎけり

 教え子の名の世の人に知らるゝを我事のごとくうれしみにけり

         (白揚社:森田正馬全集第7巻 p.198


 
 せっかくの神経質性格を自分の心身の変化ばかりに注意を向けることに費やし、あれこれグチをこぼしてばかりいたのでは、この「小我の偏執」に他ならない。神経質性格を生かして四方八方に気を配り人の役に立つように行動していけば「自我の拡張」となり、その時には症状はなくなっているのである。

« 神経質礼賛 929.ヤマボウシの実 | トップページ | 神経質礼賛 931.遠泳と回泳 »

コメント

先生こんにちは
パニック障害でこの一年ほど苦しんでおり、本来は好きであるはずの会食や旅行の誘いから、逃げたりしてしまっております。これも発作を恐れるあまり自分を「お大事に」してしまっている例だとおもいます。最近は、まあ起こっても死ぬわけじゃなし、と思い、だんだん参加できるようになってきております。今後も「小我の偏執」ではなく、「自我の拡張」を心に刻み、頑張っていきます。

たぬき 様

 コメントいただきありがとうございます。

 確かに御本人にとってパニック発作の症状は「このまま死んでしまうのではないか」という苦しさです。しかし、症状を恐れて「お大事」にしていたのでは、ますます注意が自分の心身に向かってしまい、予期不安を高めてしまいます。「仲間と一緒においしいものを食べたい」とか「美しい景色を楽しみ、温泉につかりたい」といった「生の欲望」に引かれて、怖いながらも会食や旅行に参加されていけば、いつしか症状を忘れるようになってくることと思います。さらに、他のメンバーが楽しめるように気配りするようになれば、「自我の拡張」となって一層大きな進歩となることでしょう。御健闘をお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 929.ヤマボウシの実 | トップページ | 神経質礼賛 931.遠泳と回泳 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30