フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 947.雑穀 | トップページ | 神経質礼賛 949.水辺の文学碑 »

2013年9月23日 (月)

神経質礼賛 948.続けること

 9月20日毎日新聞夕刊3面「人生は夕方から楽しくなる」というコーナーに草刈正雄さんが登場していた。私はNHK「美の壺」という番組で草刈さんを見ている。番組の顔である草刈さんは先代の谷啓さんに続いてトボケた雰囲気を出している。さらに今年はマキタの草刈機のCMに出て「俺は草刈だー!」と叫びまくっている。草刈さん、若い頃はモデル出身ハーフの2枚目俳優として引っ張りだこだった。しかし30代になって脇役が多くなり、カメラが自分の方を向いていないことが気になって悩んだ。そんな時、ラジオでアメリカ人の歌手が「成功より重要なことはやり続けること」と言っているのを聞いて吹っ切れたという。還暦を過ぎて「長いセリフを覚えるのが苦手になってきた」と語るが、相変わらず活躍し続けておられる。


 
 続けることの大切さを表す言葉に「継続は力なり」がある。受験生にはお馴染みの言葉だと思う。ネット上の情報では、大正から昭和初期に親鸞の教えを広めようとした宗教家・住岡夜晃の「讃嘆の詩」の中の言葉だというが、普遍的なことがらであるから、もしかするとさらに元になる言葉があるのかもしれない。

私たち神経質人間は、スロースターターである。やらなければならないことがあったり、良い考えが浮かんだりしても、ああこう屁理屈を並べてなかなか実行に移さない。ついつい先送りにしがちであり、森田先生が「神経質は重い車」とたとえた通りだ。しかし、一旦動き出したら今度は簡単には止まらない。完全欲が強い神経質性格が生きてくる。たとえ些細なことであっても続けていれば「塵も積もれば山となる」(仏教語)である。すぐに成果は出なくても続けていればそれなりのものが得られる。

« 神経質礼賛 947.雑穀 | トップページ | 神経質礼賛 949.水辺の文学碑 »

コメント

先生、こんばんは。連日で失礼します。

私、学生の頃から草刈正雄さんのファンで、美の壺や大河ドラマなど見ています。誰にも先を見て悩む時がありますね。 仕事もそうですが、結婚も大きな決断でした。おかげで楽しくウォーキングに夫婦で出掛けています。こちらも続けたら、ダイエットの効果が表れてくるかしら…(笑)

ヒロマンマ様

 コメントいただきありがとうございます。

 「美の壺」は美術品ばかりでなく日常生活の中の何気ないところにある意外な美に気付かせてくれることが多いので毎回録画して見ています。
 どちらの道を選ぶか、人生の中で悩むことがあります。神経質な人は軽はずみなことはせず、熟慮を重ねるので良い選択ができます。ただし、考えるだけで見送ってしまうこともあるので、思い切って実際の行動に移すことも必要です。
 これからウオーキングにはもってこいの季節ですね。続けていけば効果がきっと出てくることでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 947.雑穀 | トップページ | 神経質礼賛 949.水辺の文学碑 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30