フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 976.餅つき | トップページ | 神経質礼賛 978.強迫からの脱却 »

2013年12月20日 (金)

神経質礼賛 977.寝坊!

 私は家ではたいてい朝5時か5時半頃には目が覚める。そして5時45分に目覚まし時計が鳴ってすぐに起きている。休日も同様である。「あ、そうか今日は休みか」と思ってもそうそう寝てもいられないから特に予定がない休日でも6時半には起きる。こんな具合だから寝坊することはめったにない。

 ところが、今週は土・日・月と3日当直が続き、火曜日の午後は有休を取ってやっと帰宅した。それからたまった洗濯をして浴室に干して乾燥機を回し、固定資産税の払い込みなどの銀行の用事を済ませてから、足が悪い母親のために買物をして実家まで歩いて届けに行った。帰りはバスに乗りたいなあと思ったら、運悪く3台続けて行ってしまった後だったので歩くことにした。その日はいつも通りに11時半に寝たのだが疲れがたまっていたためか爆睡してしまい、目が覚めると普段家を出る時刻の640分に近かった。目覚まし時計は当直が続いた間に妻が使ったらしく7時にセットされていたから鳴らなかったのである。さあ、大変! あわてて着替えをして顔を洗い、朝食は食べていられないので災害用に買い置きしてあるカロリーメイトを鞄に入れて早足で駅へ向かう。いつも乗っている72分始発の電車に間に合ってホッとする。

 とても焦ったけれども、もう1本遅い電車でも、職員送迎ワゴンの集合時刻には十分間に合う。さらに30分遅い電車でも駅から路線バスに乗って病院には9時前に着く。いつも9時に出勤して来られる先生よりも早く着くので、それでも全く問題はない。つまり、普段から十分にゆとりを持って早めに動いているから、万一こういう事態になっても何とかなるのであって、これも神経質のおかげかもしれない。

« 神経質礼賛 976.餅つき | トップページ | 神経質礼賛 978.強迫からの脱却 »

コメント

森田先生が「余裕がある」というのを大事にしておられたのを思い出しました。
四分先生は早起きですね。今の時季だとまだ暗いですよ。
わたくし許されるなら昼まで寝ています。
最近なかなかできないのですが、
ふとんのぬくもりは抜け難いですshock

たらふく様

 コメントいただきありがとうございます。

 寒くなってきましたね。布団のぬくもりも心地よいのですが、新聞を取り込んで早く見たいとか、メールをチェックしようとか、今日はあれをやらなくてはこれをやらなくてはと考えて、せっかち(短気・・・笑)なので動き出してしまいます。欲張りなんですね。どこへ行くにも決まった時間より早く行く習性になっています。

まったく同じように四分休符さんも起きておられるのですね。
私もやはり神経質人間なんだなと改めて思いました。
私もいつもは5時起きです。
現役で仕事をしていた時もそうでした。
そして満員電車が嫌なこともあり、いつも早朝出勤。
朝のうちに溜まった仕事を片付けるというのが日課でした。
なので遅刻をすることは無し。
電車が事故などで遅れても間に合うという感じで朝は通勤していました。
私は現在は現役を退いていますが、起きるのは5時。
たまに疲れた時などは寝坊をしますが、それでも6時半ごろには起きてしまいます。
改めて、四分休符さんに親しみを感じた次第です。

スローライフ様

 コメントいただきありがとうございます。

 スローライフ様は私以上に朝型の生活をなさっているのですね。ますますスローライフ様に親近感を感じます。私もすいている始発電車にゆったり座って行き、早めに仕事を始めたい性分です。いずれ書かなければならない書類はあらかじめ書いておきます。外来担当日は9時から開始のところを8時半には始めているので、患者さんの待ち時間短縮には貢献しているだろうと思います(笑)。
 私もスローライフ様のように風光明媚なところを毎日ウォーキングしたいものですが、多分その日は訪れないような気がします(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 976.餅つき | トップページ | 神経質礼賛 978.強迫からの脱却 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30