フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 999.森田正馬先生の性格 | トップページ | 神経質礼賛 1001.一日一食の是非 »

2014年2月28日 (金)

神経質礼賛 1000.この命

 三島森田病院には次のような森田先生の色紙が保存されている。


 
この命 など姑息にて 安んぜん

唯この命 眞劔にして


 
       昭和二年八月 森田形外


 
 昭和2年、森田先生は52歳。この年の1月から劇作家・倉田百三が外来患者として毎週日曜日に受診するようになる。4月には京都の神経学会で精神分析の丸井博士と激しくやりあっている。7月には浅草松竹座に招待されて倉田氏脚本の俊寛の芝居を見ている。そして、この色紙が書かれた8月には家族ら7人で富士登山にチャレンジされている。結果的には5合目の宿で下痢になり、6合目付近でさらに体調が悪くなり、家族と分かれて強力一人が付き添って5合目に降りている。酒を飲もうとしたが、2,3杯しか飲めなかったと記している。8月を振り返って「晩酌スルコト多く、今月ハ 二十六回ニ及ブ」とある。年末には御家族とともに寝台車で大阪に向かいそこからは船で土佐に帰られている。喘息症状や腰痛に悩まされた時もあったようだが体調はまずまずであり、奥さんも息子さんもお元気であり、標題の歌を詠む状況とは考えにくい。

 昭和4年あたりから重症の肺炎にかかったり、喘息症状が重症となったり、喀血したりすることが出始める。昭和5年には一人息子の正一郎を亡くし、さらに昭和10年に奥さんに先立たれてからは体調が思わしくなかったが、それでも患者の治療と弟子の指導や執筆活動は続けていた。普段から「如何に生に執着して踠(もが)くか、僕の臨終を見て貰ひたい」と弟子に話していて、その通りの生き様・死に様を示されたのである。


 
 人間はいつかは死ぬ運命であるから、死の恐怖は誰にでもある。現世の栄華を極め、「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」と詠んだ藤原道長でさえ、晩年には死の恐怖に怯え、不安神経症(パニック障害)に悩まされた(413)。そして不安は決してなくならいものである。不安をなくそうと姑息な「はからいごと」をしたところで不安はなくならないばかりかさらに不安は強くなる。死を恐れながら、不安を抱えながら、今という時をものそのものになりきって真剣に生きて、生き尽していこう、この命を燃焼し尽そう、という姿勢が森田先生の色紙の歌には示されている。これは神経質だけでなく誰にとっても生きていく指針になるものだと思う。

 

 毎月10話ずつ書き続けてきた当ブログもついに通算1000話となりました。御覧いただきありがとうございます。皆様からいただくコメントは私自身とても勉強になりますし、新しい話題の発見にもなります。マンネリのきらいはありますけれど、神経症治療の主戦場・神経質を生かす場は何気ない日常生活の中にあることを御理解していただけるような話を書いていきたいと思っています。(四分休符)

« 神経質礼賛 999.森田正馬先生の性格 | トップページ | 神経質礼賛 1001.一日一食の是非 »

コメント

毎月10話を定期的に書き続け、1000話に達するまで続けられるというのは大変なご努力ですね。
これだけ書き続けられるというのも、四分休符さんの膨大な知識量があってこそのものだと想像いたします。
また、神経質なるがゆえに定期的に書き続けられたということもあると思います。
私も神経質。まだこの歳になって大人になり切れていない自分があるということを感じる時があります。
森田先生の教えを基に、悩みや苦しみがあっても「そのまま前進」の気持ちで生きていきたいと思っています。
ともあれ1000話達成、おめでとうございます。

四分休符先生  こんにちは
ブログ1000回達成おめでとうございます。
日々のお仕事も大変お忙しい中日常の出来事、森田先生、鈴木知準先生の事をお書きくださり感銘を受けております。
 家族また自分の事もままならない中、ただ「あるがまま」一生懸命生きる、過去は振り返らず前だけ見ると心に念じて過ごしています。
立春を過ぎたとはいえ、三島の方はまだ寒風があると思います。
どうぞご自愛ください。
神経質礼賛を読ませていただき、どれほど心が和んだり励まされたりしたか数知れません。
本当にありがとうございます。

スローライフ様

 コメントいただきありがとうございます。

 思えば手探り状態でブログを始めたばかりの頃にスローライフ様から暖かいコメントをいただき、ブログ「こころとこころ」を拝見したり御著書『父 こころの和解』を読ませていただいて、大変参考になりました。とても感謝しております。ここまで来れたのもスローライフ様のおかげだと思っています。
 まだまだ小僧のたわごとみたいなことを書いていますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

洋子 様

 コメントいただきありがとうございます。また、お心づかいありがとうございます。

 森田先生、そしてそのお弟子さんたち・・高良先生、鈴木知準先生、古閑先生、みな神経質を生かして、生き尽くされています。残念なことには、もはやそれらの先生方から直接教えを受けることはできませんが、御著書から多くを学ぶことは可能です。そうしたことを紹介しながら皆様のお役に立てる話を書けたら、と思っています。

 「神経質礼賛 1000.」、感動的です。本当にすばらしい。先生、おめでとうございます。

 先生のブログを知って以来、楽しく、ときに耳が痛かったり、ときに真剣に自分自身を振り返りながら読ませて頂いてきました。また、すごくあつかましいお願いやコメントを寄せさせて頂いたこともありました。無遠慮過ぎるだろうか、とは思うものの、結局は、「先生だったら何とおっしゃるだろう・・聞いてみたい」、「どうか教えてほしい」という気持ちが勝ってしまいます。その都度寛大にお許し頂き、実に丁寧にお答え頂きました。お陰様で、その場を切り抜けてくることができました。あらためて感謝申し上げます。

 私も、月に一回書いているものがあります。後悔しているのですが、昨年、頑張りがきかず中断していました。今年の一月から再開し、二月には、恐れつつ手強いトピックを選びました。タイムリーであり、読んでくれる人には有用だろうと思ったからです。恐れどおり、過失恐怖が過ぎて、馬鹿じゃないだろうかというくらいの時間がかかってしまいました。おまけに、出した次の日の朝、郵便局に取り戻しに行ってしまいました。でも、間に合いませんでした。間に合わなくてよかった。取り戻せていたら、私は今何をしていたかわかりません。今も恐れは消えていませんが、送付した仲間から今夜「実にややこしいことを噛み砕いて解説しながら~」というメールをもらったのは嬉しかったです。前途多難ですが、先生にあやかって、続けて書いていきたいです。

anxiety 様

 コメントいただきありがとうございます。

 神経質の粘り強さというより一種の強迫行為なのかもしれませんが(笑)ともかくここまで続いているのは皆様のおかげです。

 御専門の分野はわかりませんが、ぜひ、書き続けて下さいね。また、御自作の俳句がありましたら披露していただければと思います。

 先生、こんばんは。早速なのですが、お言葉に甘えまして、私の春の句を。

 卒業や長き廊下をふり返り

 草餅や遺影にいつも詫びること

 遠山の白さまぶしき牧開き

 先月から投句先をふやしており、遠からず大きな句会もあるし、今年は賞にも応募するつもりなので、たくさん俳句を詠まなければなりません。急ぎの用をもたもたしないで片付けて、どんどん吟行をし、句を増やしていこうを思います。
 先生、ありがとうございました。

anxiety 様

 春らしい俳句を御披露いただきありがとうございます。どの句も春の情景が浮かんできます。すっかり楽しませていただきました。

 昨日のローカルニュースでは高校の卒業式の様子を映していました。これから卒業式シーズンですね。昔の学校の廊下はたいてい北側ですから冬は寒く暗いイメージがありました。「長き廊下」は楽しい学校生活だけでなく苦難の時があってそれをようやく乗り切ったことを暗示しているようにも思えます。例によって神経質の深読みし過ぎでしょうか(笑)。そこまで考えなくても、とても味わい深い句だと思いました。
 また時々投句のお裾分けをお願いいたします。
 

四分先生、1000回達成おめでとうございますgoodshine

根気と話題がなければ決して成し得ない偉業であります。

専門知識の歩く辞典のような方は、各分野においででしょうが、
それを読み物としてだれにでも面白く読ませてくれる方は滅多にいません。

まったくありがたい事でございます。

今回の記事で、ずっとお爺さんと思っていた森田先生の年齢と並びつつあることに驚きました。

四分先生も神経質の欲張りを全開なさって
長生きして2000回、1万回とお続けくださいhappy01

お祝いと御礼まで

先生、1000回達成、おめでとうございます。
すごい!


この週末、ごたごたしていて、
そろそろ千回だろうな、
リアルタイムでお祝いのメッセージを差し上げねば、
と気にはしつつ、つい、見逃してしまいました。
残念(涙)。

晩年?の森田先生のご様子と、
その生きざまを象徴される短歌のご紹介でしたが、
改めて、森田先生の神経質スピリットを
知る思いがいたしました。

先生、1000回おめでとうございます♪

リアルタイムで、感謝の気持ちを伝えたかったのに、出遅れました…。

日々、忙しいなかにも小さな幸せ感じているのも、先生のお陰です♪

これからも、先生のファンです。

本も2冊目を出していただいて、大切な本として家宝にしたいです!

たらふく 様

 コメントいただきありがとうございます。

 私は、森田先生の生没年を「嫌な世 行く身は」という語呂合わせ・・・1874-1938で暗記しています。もともと痩せておられましたし、髭をはやした写真もありますから、どうしても実際より年寄に見られてしまうと思います。患者さんたちも形外会の場で容赦なく先生の風貌を述べています。井上常七さんの発言です。

 (井上氏の発言)篠原さんが、先生が風采があがらぬと感じたといわれたが、私も同様であった。初め古閑先生を森田先生かと思った。和服で袴もつけず、猫背で、あてがはずれた気がした。も一つ先生は、お酒をあがらないだろうと思っていたのに、大分召しあがられたそうで、こんな先生に病気が治せるかと心配した事があった。(森田正馬全集第5巻 p.210)

 こんな発言が出るのも先生と患者さんたちの深い信頼関係あってのことだと思います。

 2000話はともかく、10000話はちょっと・・・(笑)。とにかく神経質の欲張りで、どこまでいけるかわかりませんが、一つ一つ積み重ねていきたいと思います。

keizo 様

 コメントいただきありがとうございます。

 森田先生の写真の中で最後の記念撮影は名古屋駅のホームで写されたものです。体調不良をおして名古屋で講演した帰りなのでしょう。お弟子さんや関係者は立ってカメラを向いていますが、森田先生だけは座ったままで横を向いています。もはや精根尽き果ててもなお立ち上がろう前へ進もうという気迫に満ちている、と大原先生は評していました。最後の最後まで自分を燃焼することができたら素晴らしいと思います。

アッシュ 様

 コメントいただきありがとうございます。

 仕事や家事や子育てに追われながら、キラリとした喜びを感じておられるのは、すばらしいことです。充実した生活の中で「不安心即安心」の境地に達しておられるのだと思います。
 ずっこけた記事も多々ありますけれど、また時々ご覧ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 999.森田正馬先生の性格 | トップページ | 神経質礼賛 1001.一日一食の是非 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30