フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1006.新しい花粉症治療薬 | トップページ | 神経質礼賛 1008.見たところに仕事あり »

2014年3月21日 (金)

神経質礼賛 1007.増税前の買い急ぎは慎重に

 いよいよ4月1日から消費税が5%から8%に上がる。定期券は3月中に買っておけば5%で買えるから早めに買っておこうという動きがある。以前、消費税が3%から5%に上がった時にはタバコを大量に買い込んだヘビースモーカーがよくいたが、今回も同様だろう。この際、衣類、雑貨、日用品を買いだめしておこうという人も多い。価格変動がなく消費期限の問題がないものであれば今月中に買うに越したことはない。なるべくカード払いにして支払いは後にして、とりあえず品物を確保しておこうという人もいるだろう。庶民のささやかな自衛策である。そこを煽って、買うのは今、というキャッチフレーズのチラシがよく入ってくる。確かに大きな買物だと、消費税3%の上昇は大きな違いになる。だから、自動車も今週中に契約しておけばナンバー登録が3月中に間に合って税率5%で買えるから、と販売店が一生懸命になって宣伝している。電化製品でも冷蔵庫やエアコンやパソコンなど高額商品を今のうちに買い替えておこうと焦っている人もいるだろう。

 しかし、ちょっと待った。冷静に考えてからの方が良いのではなかろうか。自動車の場合、消費税が8%、10%とアップして需要の落ち込みを防ぐため、多少ではあるけれども自動車税の減額措置がある。それに、税率アップの反動で需要が落ち込めば、値引き額が今よりは大きくなる可能性がある。あわてて買い替えるよりも今の車を乗り続けながら、よく吟味して新車選びをする方がトータルではトクになるかもしれない。高い買物だけに慎重にした方が良い。家電の場合は型落ちになれば安くなる。今買おうと思った機種は半年とか1年後には価格が下がっているだろう。消費税がアップしても後で買ったほうがトクということもありうる。日用品にしても今年になってから買いだめ需要の増加に連動して実売価格は上昇傾向にある。例えば、トイレットペーパーやティッシュペーパーは明らかに値上がりしていて、増税後に需要が減少すれば価格も少し下がる可能性があるだろう。トクか損かよく考えてみる必要がある。サイフのヒモが緩みすぎて不用品まで買ってしまわないように注意が必要だ。業者の煽りに乗らないで、神経質を生かして上手に対応したいものである。

« 神経質礼賛 1006.新しい花粉症治療薬 | トップページ | 神経質礼賛 1008.見たところに仕事あり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1006.新しい花粉症治療薬 | トップページ | 神経質礼賛 1008.見たところに仕事あり »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30