フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1014.遠心性と求心性 | トップページ | 神経質礼賛 1016.神経質の七徳(神経質でトクをする・その1) »

2014年4月14日 (月)

神経質礼賛 1015.洗濯機のリコール

 

 家電メーカーT社から封書が送られてきたので、何だろうと思って開けてみると、4年前に購入した洗濯機のリコールの通知だった。3件の発火事故があってT社がリコールを発表したという記事が今年2月に朝日新聞に掲載され、朝日系のTVニュースでも取り上げられていたらしい。あいにく家でとっているのは毎日新聞であり民放のニュースはあまり見ないので、この通知が来るまで全く知らなかった。通知は販売店のデータを元に行われたとのことである。販売店が小さな個人商店だったらリコール情報が伝わらないかもしれないし、転居を繰り返していたら通知が届かないということもあるかもしれない。知らずに使っていて火災を起こして人命にかかわる場合もあるだろうから、こうしたリコール情報を広く通知するシステムが欲しいと神経質人間は思う。

 

その前はS社(中国資本に買われて現在はA社)のドラム式洗濯乾燥機を使っていて、4回もリコールがあった(652)。ドラム式としては小型で回転の方向が他社とは異なり、タオルなどは均等にフンワリ乾燥してくれて重宝していたのだが、度重なるリコールには閉口した。その都度サービスマンが来て、無料で点検と部品交換をしていったのだけれども、いつの修理かわからないが、洗濯機を出し入れした際に防水パンの底が割れてしまったらしい。家のメンテナンス工事の際に防水パンを取り換える工事をしたついでに別メーカーの洗濯乾燥機に買い替えたら、またしてもリコールとは・・・。

 

連絡先の電話番号にはつながらないため、リコール受付のホームページに書き込むと受付済みの自動メールが届く。後日、電話連絡するとのことだが、いつになるかわからない。かといって洗濯機を使わないわけにもいかないので、使用中はなるべく離れないようにして、リスクが大きい乾燥機能は使わないようにしようかと思う。

 

« 神経質礼賛 1014.遠心性と求心性 | トップページ | 神経質礼賛 1016.神経質の七徳(神経質でトクをする・その1) »

コメント

四分先生がリコールを複数回経験なさっていると知り大変驚きました。わたくしは未経験で、珍しい運をお持ちだと感じておりましたhappy01
ところが、一昨日、馴染みの電気屋さんが来て、N社製のホットカーペットがリコールになった旨を告げられました。
 10年以上前に買ったものですが、ここ数年は母が「変なところが熱くなるからこれは危ない」と警戒し使わないでおりました。
 それが今回リコールということで、母は正しかったのだと妙に嬉しかったのであります。発火の危険もあるとのことで回収して修理するそうです。
 もし火が出ていたらと思うと、怒りがめらめらと湧いてきましたannoyannoy

たらふく様

 コメントいただきありがとうございます。

 私はどうもハズレを引く習性があるようでして(笑)、リコール以外にも初期不良トラブルにはよく遭遇します。一番焦ったのは、買って間もない自動車で高速道路を走っていたら突然アクセルが効かなくなって冷や汗ものだった、というのがありました。買ったばかりの冷風扇が煙と異臭を発したこともあります。すぐに異常に気付く神経質のおかげでこうして無事にいられるのかも知れませんね。

 ホットカーペットの異常に気付かれた母上は鋭いですね。それにしても10年以上経ってからリコールというのも呑気な話です。ホットカーペットが発火する前に、たらふく様の怒りが発火したのも私としては共感できます。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1014.遠心性と求心性 | トップページ | 神経質礼賛 1016.神経質の七徳(神経質でトクをする・その1) »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30