フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1084.動物を飼うことの効用 | トップページ | 神経質礼賛 1086.家康公手植えみかん »

2014年11月14日 (金)

神経質礼賛 1085.時間がかかりすぎるWindows更新

 先日、外来診療を終えて引き上げようとして自分のパソコンの電源を切ろうとしたら、「Windows更新プログラムをインストール中 電源を切らないでください」の表示が出てしまった。何でこんなタイミングに、と内心思う。「○個中△個」という実行状況の表示が出るけれども、1個あたりの時間はまちまちであるから、あとどれくらい時間がかかるのか皆目見当がつかない。仕方がないので製薬会社のMRさんが持ってきた文献を読みながらひたすら待つ。20分余りかかって終わり、やっと診察室から引き上げることができた。次に電源を入れた時には「更新プログラムを構成中 ○%完了 電源を切らないでください」などという表示が出て、また待たされることになる。

 最近のパソコンのOSは大規模になっていて、更新プログラムも大きくなっている。そしてセキュリティー対策のためOSの更新プログラム数も増えているから、更新待ちにかかる時間は増大する一方である。手動更新にすれば時間がある時にまとめて更新することもできるが、そうすると更新を忘れて溜まってしまうから自動更新にしていると、電源を切りたい時に切れない、使いたい時にすぐに使えないという問題が起きてしまう。全くパソコンは便利なのか不便なのかわからない、とぼやいてもどうにもならない。電源を切る時には時間にゆとりを持って早めに、電源を入れる時も運が悪ければすぐには使えないこともある、と承知の上で早めに電源をいれておく、と神経質らしく対応していくしかなさそうである。

« 神経質礼賛 1084.動物を飼うことの効用 | トップページ | 神経質礼賛 1086.家康公手植えみかん »

コメント

先生、全くその通りです!いざ電源入れて急ぐ場合によくありうんざり、シャットダウンで待たされ、再起動で待たされですね
<全くパソコンは便利なのか不便なのかわからない>その通りですね、OS販売会社も考えて欲しいですが現状のセキュリティからすると致し方ないのでしょうね?更新プログラムも間が悪ければOSと他のアプリの更新が重なりOSが起動しないのが当方でもありました、マイクロに聞いたら更新のタイミングであるようですので注意ですね

けんじ様

 コメントいただきありがとうございます。

 まさに「間が悪い」には困りますね。急いでいる時に限って電源が落とせないとか、すぐに使えなくて困る、といったことが起こります。とはいえ、セキュリティ確保のためにはやむをえないので、そういうもんだと覚悟して利用するしかなさそうですね。

"更新" にはわたくしも散々苦しめられました。
さんざん待たされてその挙句に、
「更新に失敗しました。元に戻します」をやられ、キレましたshock
 とくにラジオの予約録音が全部パーになるので大迷惑でした。
 現在では「更新」を週1にし、月曜の午前4時という邪魔にならない時間に設定しました。
 今のところうまくいっているようですhappy01

たらふく様

 コメントいただきありがとうございます。

 さんざん待たされた挙句に「更新に失敗しました」なんて表示が出たら、私の怒りメーターは軽く沸点超えです(笑)。「元に戻します」もまた時間がかかるわけですから。
 更新の曜日を決めて使わない時間帯を選ばれたのは大変賢明な策ですね。常時電源ON、ルーターも24時間ONだとその手が使えるのですが、私の場合、自宅も職場もノートPCだし、自宅のルーターは乗っ取られないように使わない時はOFFにしているので、それができず、すっかり諦めモードです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1084.動物を飼うことの効用 | トップページ | 神経質礼賛 1086.家康公手植えみかん »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31