フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1149.苦言と甘言 | トップページ | 神経質礼賛 1151.『家康 その一言』出版 »

2015年5月29日 (金)

神経質礼賛 1150.欲望と恐怖との調和(2)

 神経質人間はどうかすると、細かいことにこだわって屁理屈をこねがちである。月に1回、患者さんや雑誌「神経質」の読者が集まる形外会の席で森田正馬先生が、「絶えずハラハラしているようであれば、よくなる」という話をしたところ、「先生が言われたことは、自分が独りで部屋にいる時には、その必要はないと思うが」と質問した人がいた。それに対して森田先生は次のように述べておられる。


 君の質問の仕方は神経質の特徴であって、自分をハラハラさせなければならぬ、物を食べたいと思わなければならぬというので、自分をかくあらなければならぬと、人為的に作為しようとするものである。

 ハラハラというのは、あれもしなくてはならない、これもしたいという欲望の高まる事であって、これがために自分の異常に対して、一つひとつこだわっていられなくなり、そこに欲望と恐怖の調和ができて、神経質の症状がなくなるのである。ちょっと考えると、忙しくて気が紛れる、という風に解釈されるようであるけれども、決してそれだけではない。

 ここの療法で、その症状だけは、単に苦痛もしくは恐怖そのものになりきる事によって、治る事ができるけれども、これが根治するのに、さらに欲望と恐怖との調和を体得する事が必要であります。 第5巻 p.112-113


  欲望と恐怖の調和については以前にも書いている(650話)。森田正馬先生によれば、最も上等の気質は神経質である。強迫観念や病的異常に迷っているうちは敗残者のようであるけれども、心機一転して欲望と恐怖が調和し、感情と理智とが平衡を保つようになった時には上等の人になるということである。よりよく生きたい・人から好かれたい・成功したい、という生の欲望に背中を押されて、怖いという気持ちはそのままにしておいて、行動していく。それが欲望と恐怖が調和した状態なのであり、自己の存在意義を発揮して人からも大いに認められるところとなるのである。

« 神経質礼賛 1149.苦言と甘言 | トップページ | 神経質礼賛 1151.『家康 その一言』出版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1149.苦言と甘言 | トップページ | 神経質礼賛 1151.『家康 その一言』出版 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31