フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1227.回り道もまたよし | トップページ | 神経質礼賛 1229.「ワンポイント森田」始動 »

2016年1月22日 (金)

神経質礼賛 1228.USB加湿器

 お正月の暖かさとは一変して寒気が流れ込み、連日きびしい寒さが続いている。家でも職場でも車の中でもエアコン暖房全開。おかげで顔も手もすっかりパサパサ乾燥肌になってしまっている。

 妻が東急ハンズでUSB加湿器を見つけて買ってきた。とても小さなもので、水を入れたペットボトルの上に取り付け、垂らした芯から水を吸い上げ、本体内の素子の超音波振動によってミストを発生させるタイプのようだ。妻いわく「このコンセントはどこに入れるの?」。仕方ないので手持ちのUSB充電器を一つ提供する。ランプは点灯したがミストは全く出てこない。これではコップに水を入れて置いた方がマシである。ドライアイを訴える子供にも同じものを買ってあげたらしく、そちらは順調に作動している。パソコンのUSBに繋いで机上に置いて使っていて、ミストが出過ぎて周りが濡れてしまうほどだと言う。

 昨日、帰宅したら、加湿器は姿を消していた。「使い物にならないから捨てた」と言うので、ちょっと待て、と捨てられかけていた加湿器に芯を挿し直して水をいれたペットボトルに取り付けてスイッチを入れたらミストが出てきた。ただ単に、芯が振動素子の所まで届いていなかっただけと思われる。とりあえず、捨てられなくてよかった。

 この種のUSB加湿器の価格ドットコムや通販サイトのユーザー評価を見ると、あまり芳しくない。3日で壊れたとか1週間で壊れたという書き込みが目立つし、ミストが出過ぎて周りが濡れて困るとか逆に出が悪くて役に立たない、といったものも見られる。かわいらしいキャラクター物も販売されていて、場所を取らず、価格も手頃な千円から二千円の間のものが多いので、それにつられて気軽に買い求める人が多いのだろう。アイデアは面白いけれども、やはり実用性を考えたら本格的な加湿器を購入して、カビが生えないようにメンテナンスしながら使った方がよさそうだ。

« 神経質礼賛 1227.回り道もまたよし | トップページ | 神経質礼賛 1229.「ワンポイント森田」始動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1227.回り道もまたよし | トップページ | 神経質礼賛 1229.「ワンポイント森田」始動 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31