フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1233.三島梅花藻(みしまばいかも) | トップページ | 神経質礼賛 1235.春近し »

2016年2月 8日 (月)

神経質礼賛 1234.気がもめる

 私たちの日々の生活では、あれもしなくては、これもしなくては、と次々にやらなければならないことがあって、のんびり温泉気分で過ごせることはまずない。スケジュールに追われて仕事をこなしている最中に、さらに急ぎの仕事が割り込んでくることもよくある。こういう時はハラハラして気がもめるものである。もう少し、ゆとりを持って仕事ができたらなあ、と恨めしく思ったりするものだが、森田先生は次のように言っておられる。


 僕は今日、六人の患者で、続けざまに、五時間しゃべった。そして、またこの形外会で、しゃべらなければならない。これが僕の感謝であり、同時にハラハラであって、同一の事柄であります。

 形外会では、かくの如く、大勢が来て、僕も気がもめて、その日は食が進まない。このうるさい事が、同時に感謝です。皆さんが僕を慕って、集まって下され、僕に気をもませてくれるという事は、有難い事でなくて、なんでありましょう。誰も来てくれる人はなくウツラウツラと昼寝でもしていれば、どうして感謝の生活がありましょう。(中略)

 人間の喜びも感謝も、みな自分の力量の発揮であって、決して酔生夢死が安楽ではないのであります。(白揚社:森田正馬全集第5巻 p.383


 確かに、何もしないでぼーっと一日を過ごしたところで喜びはない。仕事があって、人からあてにされ、自分の力を発揮してこそ大きな喜びがあり、日々是好日ということになってくるのだと思う。

« 神経質礼賛 1233.三島梅花藻(みしまばいかも) | トップページ | 神経質礼賛 1235.春近し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1233.三島梅花藻(みしまばいかも) | トップページ | 神経質礼賛 1235.春近し »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31