フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1291.ヘッドホンアンプキットの製作 | トップページ | 神経質礼賛 1293.シシトウ »

2016年8月 5日 (金)

神経質礼賛 1292.配膳位置

 家で夕食を食べる時、妻はたいてい御飯を右側に並べる。私は何となく御飯は左側の方がいいので入れ替えると「私の並べ方がおかしいの?」と不興を買う。焼き魚も頭を右側に向けて置く習慣があって、これまた皿の向きを変えて頭を左側にすると「そんな決まりでもあるの?」と言われてしまう。無駄な争いはしたくないから、「食べやすいようにしているだけだよ」と返事している。どうせ神経質な私の並べ癖(804)だろうと妻は思うから、それ以上の争いにはならず、何とか平和が保たれている。

 学校給食の影響か、はたまた家庭科で教わったためか、気が付けば、パンや御飯は左に置き、おかずは右側に置き、飲み物類は奥に置くことが身についている。病院の職員食堂で食べている人たちをみても、そういう並べ方が多いように思う。

 正しくは、和食では一汁三菜の場合、御飯は手前左、汁物は手前右、主菜は奥右、副菜は奥左、副副菜は中央、といった配置にするらしい。御飯が左側、というのは、左大臣が右大臣よりも高位というように、左が尊いという思想からきたもので、すでに飛鳥時代に始まったとも言われている。だから、焼き魚も頭を左に向けるのが普通であり、右に向けるのは葬式や法事の時だけ、なのだそうだ。そうか、やっぱりわが家は万年仏滅だったのだ。

 主菜が魚の場合、骨を外したりしながら食べなくてはならないから手前の方が食べやすい。肉の場合でも奥にあって箸でつかんだのでは途中に汁やタレが落下しやすい。味噌汁などの汁物は椀ごと持てば良いから、奥にあっても困らない。だから、主菜は手前右に置いて味噌汁は奥にしてしまうわけだが、私のも和食での正しい配膳位置ではないことになる。まあ、うるさいことは言わず、自分が食べやすい位置に置くのがベストだろうと思う。

« 神経質礼賛 1291.ヘッドホンアンプキットの製作 | トップページ | 神経質礼賛 1293.シシトウ »

コメント

ご飯茶碗は左前ですよね。これは右利きが多いのだから理にかなっていますよ。魚も頭が右だったら、なんだこれは?って普通なりますよhappy01

たらふく 様

 コメントいただきありがとうございます。

 仰る通り、私もそう思うのですが、まあ、個性がありますので、本人が好む配置で食べればよろしいかと。家では必殺シリーズの中村主水を演じています(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1291.ヘッドホンアンプキットの製作 | トップページ | 神経質礼賛 1293.シシトウ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31