フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1445.緊張はあってよい | トップページ | 神経質礼賛 1447.個人消費の低迷 »

2017年11月14日 (火)

神経質礼賛 1446.霜月

 このところ、朝が冷え込むようになってきた。旧暦の霜月の名にふさわしい気候である。昼との寒暖の差が大きいこともあってか風邪をひく人が増えている。病院内でも入院患者さん、そして職員の風邪ひきさんを見かける。今のところ院内ではインフルエンザは発生していない。風邪で熱や鼻水や咳が出ていると、以前は風邪薬、さらには咳が出ているような人には細菌性の二次感染防止の意味もあって抗生剤を処方していたが、現在は通常の風邪には極力、薬を処方しない流れになっている。それはそれで良いことながら、高齢者や易感染性の人の場合は心配である。今年はインフルエンザワクチンの生産が遅れ、品薄となっている。院内の患者さんや患者さんに接する職員に対するワクチン接種は例年より1週間程度遅れている。

 11月は気ぜわしいと以前書いたが(721話)、それから6年経った今も同じようにバタバタしていて、何ら進歩がない。担当患者さん全員の予防接種の注射箋を書いてカルテに記載した。年末調整用の書類を書いて保険などの支払証明書を揃えて事務に提出。デパートへ御歳暮の注文にも行った。そろそろ年賀状も買って来ないと。年1回の浄水器カートリッジ交換の時なので注文しなくては。おっといけない。通勤定期がそろそろ切れる。今回の3泊連続当直明けの日までは何とかもつか。月の後半には同窓会の集まりや法事が控えている。落ちがないように神経質を発揮して準備していこう。

 現在、来月に院内のクリスマス会で弾く曲目を決めて、伴奏音源CDとUSBを製作中である。持ち時間20分なので4-5曲演奏できる。市販の伴奏CDの音源と、楽譜をパソコンに入力してソフトシンセサイザーで作った自作音源とが混在しているので、音の大きさにバラツキがある。一旦MP3ファイルに変換し、音の大きさを変えるソフトで調整し、MP3ファイルからWAVファイルに戻している。曲間に解説を入れる時間を考慮して、15秒ほどの無音データを間に挟んでからCD-RWに焼く。実際にそれに合わせて弾いてみて何度も試行錯誤しながらの調整で、こういう手間のかかることには神経質はとても向いている。

« 神経質礼賛 1445.緊張はあってよい | トップページ | 神経質礼賛 1447.個人消費の低迷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1445.緊張はあってよい | トップページ | 神経質礼賛 1447.個人消費の低迷 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30