フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1529.ある日の精神保健相談 | トップページ | 神経質礼賛 1531.火星大接近 »

2018年7月30日 (月)

神経質礼賛 1530.とらわれる

 我々、神経質人間は何か事を起こそうというと、あれこれ考えて細かく計画を立てずにはいられない。それは神経質の美点である反面、やりすぎると自縄自縛になってしまうきらいがある。計画通りに事が運ばないと不満であり、「結果オーライ」にはなかなか満足できない。そして、日常生活の中でも自分で決めたルールにとらわれて、それを押し通そうとしがちである。森田先生は次のように言っておられる。


 「物にとらわれる」という言葉がある。ある考え・ある文句を標準として、モットーとして、自分の行為をそれにあてはめていく事である。久し振りに、休日であるから、「休む」という文句にとらわれる。散歩は「休む」事の範囲に属するけれども、ちょっと庭を掃除する事は、「仕事」の種類であるから、すべきものでないと心得るという風である。実は散歩でも同じ事であるけれども、それに気がつかないのである。

 ここの療法でも、この「とらわれ」がなくなれば、全治するのである。とらわれを離れれば非常に便利で、生活が自由自在になります。ここの入院患者も、とらわれのある間は、仕事が治療のため、修養のため、仕事のための仕事であって、少しも実際に適切しない。盆栽に水をやれば、やたらにやって、腐ってしまっても気がつかず、水をやる事をやめれば、乾いて枯れても、少しも知らないという風である。(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.239-240


 理屈はさておき、周囲の状況をよく見て、その時々に必要なことで体を動かしていけば、自然に「とらわれ」から解放されている。

« 神経質礼賛 1529.ある日の精神保健相談 | トップページ | 神経質礼賛 1531.火星大接近 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1529.ある日の精神保健相談 | トップページ | 神経質礼賛 1531.火星大接近 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31