フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1531.火星大接近 | トップページ | 神経質礼賛 1533.男性の日傘 »

2018年8月 3日 (金)

神経質礼賛 1532.五拍子の曲

 前話に出たホルスト作曲・組曲「惑星」の第1曲「火星」以外にも五拍子の曲はある。スラブ民謡では五拍子は珍しくないそうだ。チャイコフスキー最後の作品・交響曲第6番「悲愴」の第2楽章。優美なワルツではあるが、今ひとつ舞い上がれない重さや憂鬱さを感じさせる曲である。ショパン作曲ピアノソナタ第1番作品4の第3楽章も静かに流れるような曲ながら五拍子である。ムソルグスキー作曲「展覧会の絵」の中で繰り返し出てくる「プロムナード」では五拍子と六拍子が入り混じっている。


 ジャズの曲では「テイクファイブ」という曲がよく知られていて、ジャズは全く聴かないという方も知らぬ間にBGMとしてよく耳にしていると思う。そして、「スパイ大作戦」のテーマ曲「ミッション・インポッシブル」もやはり五拍子である。強い緊迫感が伝わってくる曲である。旋律だけ聞いていると一体何拍子なのかわからなくなる映画「マルサの女」テーマ曲もリズム楽器の音に耳を澄ませば五拍子であることがわかる。映画の表現する怪しい世界を一層引き立てる名曲かと思う。


 キッチリ・カッチリ・安定を好む神経質には四拍子が向いていそうだけれども、たまには五拍子の曲で気分転換を図るのも悪くない。

« 神経質礼賛 1531.火星大接近 | トップページ | 神経質礼賛 1533.男性の日傘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1531.火星大接近 | トップページ | 神経質礼賛 1533.男性の日傘 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31