フォト
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月15日 (月)

神経質礼賛 1556.漱石山房記念館と仙厓展

 小田原で「からたちの小径」を歩いたのは前奏に過ぎない。欲張りな神経質は小田急に乗って新宿へ。そして目白駅から細川家の博物館・永青文庫を目指す。永青文庫は2回目なので迷わずに行けた。それにしても徒歩20分以上かかる。「江戸絵画の美」(1013日-125)という企画展で狩野派の絵画に始まり仙厓(902381033話)や白隠(3881477話)の絵画も展示されていた。来館者は3人しかいなかった。白隠の「お福御灸図」では金の亡者の男の尻にお多福さんがお灸をすえている。仙厓さんの「七福神図」を見ると、シアワセ感をもらったように思える。そして虎か猫かわからないような画に「虎か猫か当てて見よ」と書いているのも面白い。細川家の庭園だった新江戸川庭園を降りていくと、もう楓の紅葉が始まっていた。


 その後は出がけに、毎日新聞の記事で、夏目漱石終焉の地に建てられた新宿区立漱石山房記念館が
1周年を迎えたという話を知って、寄ってみることにした。かつて住んだ三畳一間のボロアパート(83)があった早稲田鶴巻町から見て早稲田通りの反対側にある。漱石(626)の書斎が再現されており、漱石自筆の原稿が展示されていた。裏に回ると「吾輩は猫である」の猫ちゃんの墓があった。カフェのメニューに漱石が愛した空也最中と飲み物のセットがあるのも面白い。つい昔のクセで早稲田通りを神楽坂方面に歩くと、化け猫のイベントで人が溢れている。飯田橋からJRで有楽町へ。


  出光美術館での「仙厓礼賛」(
915日-1028日)がこの日のメインだ。出光美術館は仙厓の書画を数多く所蔵しているが、常設展示はなく、こうした企画展の時にしか見られないから絶好のチャンスである。今回は「老人六歌仙画賛」の3バージョンが展示されていて面白かった。老いや死を笑いにしてしまうのが仙厓さんらしい。本来、釈迦の死を描く涅槃図で、自分の死を描いて周りの人たちの慌てぶりをユーモラスに描いている画は初めて見た。もちろん有名な「指月布袋画賛」や「堪忍柳画賛」や「○△□」も展示されているから、仙厓ファンは必見である

 家に帰って歩数計を見たら2万4千歩。15kmほど歩いたことになる。ちょっとやり過ぎかなと反省する。

2018年10月14日 (日)

神経質礼賛 1555.からたちの小径

 今朝はいつも通りの時刻に家を出ていつもの電車に乗る。三島で在来線に乗り換え、小田原へ。西口に出て、北原白秋の散歩道「からたちの小径」を歩く。からたちは白秋作詞・山田耕筰作曲の「からたちの花」で有名だし、島倉千代子の「からたち日記」という唄にもあるけれども、私はからたちの木そのものを見たことがない。一体、どこで見ることができるのだろうか、と調べているうちにこの散歩道の存在を知ったのだった。白秋は大正7年から15年まで小田原に住み、この散歩道を歩いていた。ネットに公開されている「白秋童謡の散歩道を歩こう」という地図をプリントアウトしたものを手に歩いて行く。駅に一番近い所にあるのは「赤い鳥小鳥」のパネルだ。ただ、このパネルは40×30cm程度の大きさで、見落としてしまうかもしれない。急坂を上がって行くと、「待ちぼうけ」のパネルがある。このあたりではかなり高度が上がっていて、小田原城が見える。しかし案内板がないので不安になる。分岐点で間違えないように案内矢印を設置するような神経質が欲しいところだ。農作業をしている人を見かけただけで全く人を見かけない。「ペチカ」のパネル発見。朝降っていた雨がまたぶり返す。足元があまり良くない。所々に小田原城総構の遺構が見られる。「揺籠のうた」のパネルの所で道を誤った。城山公園の方に行ってしまい、途中で引き返す。ようやく「からたちの花の小径の碑」に行きつく。「からたちの花」のパネルもある。しかし、からたちらしい木は見当たらない。とりあえず写真を撮り、坂を下りて行く。「この道」や「砂山」のパネルを通って行くと、相模湾から真鶴半島のパノラマが広がる。時間がないのでトンネルを歩いて駅へ向かう。


 からたちは、トゲがあるので、かつては侵入防止目的生垣に使われていたが、手入れが大変なので今では見かけなくなっているという。春には白い花を咲かせ、球状の緑色の実がなり秋には熟して黄色くなる。香は良いが酸味と苦味が強くて食用にはならないそうである。しかし、「からたちの花」の作曲者、山田耕筰は少年時代にそれを食べて飢えを凌いでいた。父親を亡くして家は貧しく、昼間は工場で働き夜学で勉強した。工場では先輩から足蹴りされ、こっそりからたちの生垣のところで泣いたという。白秋作詞となっているけれども、山田耕筰の実体験に基づいた歌詞であり、そのエピソードを思い浮かべて歌詞に目を遣ると、深く理解できる。


 先日、山田耕筰自身の編曲によるヴァイオリンとピアノのための「からたちの花」の楽譜を購入した。重音奏法に左手ピチカートが入るなかなかの曲に仕上っている。ヴァイオリンでは歌詞は表現できないけれども、今回歩いた小径を思い浮かべながら弾こうと思う。そして、必ずや、からたちの花と実を見てみたい。

2018年10月12日 (金)

神経質礼賛 1554.冬瓜(とうがん)

 実家から帰って来た妻が嬉々としてスイカ大の少し楕円の球体を両手で抱えている。車で通った無人販売に100円で売っていたとのこと。「冬瓜は美肌効果があるんだから」と。さては、また、健康番組の影響だな。確かにグラム単価は激安だけれど、冬瓜は水分ばかりだよなあ、と内心思う。


 冬瓜は7-9月に収穫されるが、常温で冬まで保存できることからその名が付いたということだ。冬瓜は
95%以上が水分である。カロリーは100g当たりわずか16kcalであるから、ダイエットには役立つだろう。JAグループのHPを見ると「余分なナトリウムを排出して血圧を正常に保つ働きをするカリウムを多く含み、腎臓での老廃物排出を促進し、肌の健康維持に役立つビタミンCも含む」とある。さらには、「皮脂の分泌を抑制し、コラーゲン生成に必要なビタミンCの働きを助けて、傷ついた肌を修復する効果がある」「抗ストレス作用があり、治りにくいストレスニキビにも効果がある」といった美肌効果を喧伝するネット情報も見受けるが、真偽のほどは不明である。


 それよりも、何を食べさせられるのかが一番気になるところである。冬瓜と言えば、肉そぼろのあんかけ、味噌を乗せた「風呂吹き」あたりが頭に浮かぶ。食卓に出てきた物は・・・結局いつもと変わらなかった。何種類もの野菜のゴタ煮のような味噌汁(しかもダシの煮干しがそのまま入っている)、余ものの野菜とシメジと肉の炒め物、それらの素材に冬瓜がもう一種類加わっただけのことだった。心配することもなかった。

2018年10月 8日 (月)

神経質礼賛 1553.イチョウの落葉

 職員送迎車(と言ってもハイエースだが)の運転手さんが「今年は変ですよ。イチョウ並木の葉っぱが落ち始めましたよ」と言う。見ると確かにかなり落葉してしまっている。通称「日大通り」の両側にはイチョウの木が立ち並び、例年11月には道路一面が黄金色に染まり、美しい光景が楽しめる。今年は厳しい暑さが続き、その後は例年以上の雨量の雨が続いたから、イチョウの葉も参ってしまったのだろうか。


 ついこの前は急に肌寒くなって、通勤の電車ではコートを着た人も見かけた。しかし、台風
25号が去った昨日は10月だというのに気温33℃。これでは人間もたまったものではない、とグチをこぼしたくもなる。例年ならば、この連休のあたりで扇風機の羽をはずして掃除し、しまい込むところながら、もう1-2週はしまうわけにはいかないだろう。もっとも、暑さ・寒さは何とも仕方がない。森田正馬先生は次のように言っておられる。


 冬が来れば、「今年ほど寒い事はない」とこぼし、暮が来れば、誰も「今年の不景気」をかこつお世辞のためにいふのか、其時々の気分のまゝに訴へるのか分らない。いはずもがなと思ふのである。其時の事を、前年と比較して、正しく批判し得る人は稀である。(白揚社:森田正馬全集 第7巻 
p.234


 すでに酷暑が当たり前になってきたのだから、「異常気象だ」と騒いでも始まらない。工夫して順応していくだけである。

2018年10月 5日 (金)

神経質礼賛 1552.停電対策

 先週末の台風の際に強風のために送電設備が損傷して静岡県内・特に浜松市など西部地区で大規模な停電が起きた。丸5日経った昨日になって、ようやくほぼ全世帯が復旧したという。勤務先の病院近辺では停電は起こらなかったが、三島市街地の一部でも長時間の停電が発生し、パートで来て下さっている開業医の先生の話によると、停電のためクリニックは休診に追い込まれ、冷蔵保存している医薬品は「避難」させたという。


 私が子供だった頃は台風で停電という事態は時々あって、仏壇のない家でもローソクは買い置きしていて、それで対応していた覚えがある。今では送電設備が良くなって、滅多に停電は起こらない。あっても数分とか数十分レベルである。しかし、今回のように、あちこちで電柱が強風でなぎ倒されて送電線も切れてしまったとなれば、復旧には数日かかってしまう。現代の生活は便利な電気にすっかり依存しきっている。マンションでは屋上のタンクに電気ポンプで水を汲み上げているから、停電で水も出なくなって、まずトイレが困ってしまう。オール電化住宅では煮炊きができなくなる。高層マンションの上層階に住んでいたら、エレベーターが使えず階段の昇り降りに一苦労だろう。


 私たちの身の回りは電化製品があふれていて、充電モノも多い。停電が長引いた場合、電池切れしたスマホを充電できず、困ることになる。普段からモバイルバッテリーを用意しておけば、いざという時にスマホなどに充電することができるだろう。もっとも、携帯電話の中継局も停電でダウンしていると、通話やネット通信もアウトである。そんな時、情報源として役立つのはラジオだ。時々、電池切れになっていないかチェックしてみよう。それと
LEDライト。百円ショップでも結構良いものが買える。そして、よく使う単3や単4の乾電池は十分に用意しておこう。

2018年10月 1日 (月)

神経質礼賛 1551.計画運休

 今年は大型台風が次々と発生し、日本列島に襲いかかっている。昨日から今日にかけて通り抜けた台風24号も大型で強い台風だった。日本列島に近づいてからは動きが早くなって急激に風雨が強まるので、まだ大丈夫だと思って出かけていると天気が急変してとんでもないことになる。電車通勤をしている私は、いつも台風が近づいて来ると、通勤の足が心配になる。帰宅困難者予備軍である。そこで台風情報や交通情報には注意を払っている。今回は当直が続き、3泊4日勤務のため、直接の影響はなかった。もっとも、昨夜は当直室の窓を叩きつける激しい風雨の音で何度も目が覚めた。


 今回の台風では、JR・私鉄とも早い段階で計画運休を発表していた。夕刻には東海道新幹線は運休となり、首都圏のJRは昨日午後8時ですべての列車を運休すると発表していたから、デパートなどの商業施設も早めに閉店するような対応を取っていた。それに合わせて行楽や買物に出かけていた人々も帰宅を早めたので、比較的大きな混乱はなかったようだ。ギリギリまで運行すべきだ、と考える人もいるかもしれないが、途中で列車が立往生してその中に閉じ込められて一夜を明かすという事態に自分が巻き込まれた場合のことを考えて欲しい。やはり早目に対策を立てて計画運休した方が安全だし、その後の運行再開もスムーズにいく。


 大型台風のような自然の脅威に抗うのは無謀である。何とも仕方がない。神経質に用心して、安全を確保し、被害を最小限に留めるのが人間にできうることである。これも一種の「あるがまま」と言えるかもしれない。後を追うように台風25号が発生している。まだまだ台風シーズンは続く。

« 2018年9月 | トップページ

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31