フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1598.焼きそば | トップページ | 神経質礼賛 1600.日常生活の時間 »

2019年2月22日 (金)

神経質礼賛 1599.金無医

 2月は日数が少ない上、年度末なので、せわしない。以前書いたように確定申告(1357話)があるのもその一因である。先送りすると大変なので、すぐに片づける森田式がよい。昨日は休診日だったので、朝から確定申告の書類を作る。源泉徴収票を用意して国税庁のホームページに入力していく。給与所得は勤務先の病院の他は県からのものだけだ。県の方は保健所の精神保健相談と措置診察料を合わせて例年10万円程度だが、給与所得にあたるので、しっかり申告しなくてはならない。雑所得はわずかで、合計20万円以下は国税の申告義務はないが、これも怠ると、後で市役所から通知が来て市民税を申告しに出頭せよ、となって厄介なので、きっちり申告しておく。今回は「放送謝金 出演」というものがあったのが例年と違うところだ。これは今後二度とないだろう。


 ホームページで確定申告書を作るのはそれほど大変ではない。源泉徴収票を順番に入力していくだけである。ただし、雑所得の入力画面が支払者の名称と住所が源泉徴収票とは上下が逆になっているので、そのまま入れてしまうと逆になってしまう。この辺は直してほしいところだ。昨年まで扶養家族として妻の名前を入力し、妻のマイナンバー通知書・運転免許証のコピーも添付していたが、妻の扶養控除がなくなってしまったため、今年からはなしだ。税金の上では単身者扱いになってしまった。そのため結構増税になっている。取りやすい一部のサラリーマンから税金を取ろうという国の策略だ。いずれは妻の扶養控除の年収条件をだんだん下げて行くことは目に見えている。昔からトーゴーサンとかクロヨン(税金を捕捉される率がサラリーマン:自営業者:農林水産業者が10:5:3あるいは9:6:4であること)と言われてサラリーマンや
OLは割を食っていたが今ではもっと差が開いているような気がする。最後に職業欄に「きんむい」と入力したら、「金無医」と変換されて、思わず苦笑する。申告書をプリントアウトして、歩いて税務署まで出しに行く。その帰りに食材を買って母の所に届け、掃除をする。やることは午前中で大体片付いた。

« 神経質礼賛 1598.焼きそば | トップページ | 神経質礼賛 1600.日常生活の時間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1598.焼きそば | トップページ | 神経質礼賛 1600.日常生活の時間 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31