フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1649.結膜下出血 | トップページ | 神経質礼賛 1651.ヴァイオリン協奏曲「不安」 »

2019年7月28日 (日)

神経質礼賛 1650.くやしいままに奮闘

 私たち神経質人間は、自分を他人と比較して、自分は全然ダメであると劣等感を持ちやすい。しかし、その裏には人より優れたいという強い「生の欲望」が隠れている。悔しさをバネにするとはよく言うけれども、神経質は粘り強く努力を積み重ねることには長けているため、結果的にはダメどころか人並み以上の成果を出すことができる。そして、決して慢心しないのが神経質の美点でもある。森田正馬先生は次のように言っておられる。

 手の焼けどの奇形が、くやしくて、其のくやしいまゝに、努力奮闘したのが、世に名高き野口英世博士であり、●病の奇形の手を、ことさらに、衆人の前にさらけ出して居るのが、巡査に追立てられる乞食である。

 神経質は、往々にして、自分の恥かしいと・氣のついた事に対して、徒らに之を隠さんとするものが多い。そして、或は之を恥かしく思はざらんとして、乞食の心理を模倣せんとするものが多く、その恥かしいまゝに・くやしいまゝに・野口を模倣すればよい・といふ事に、氣のつかぬ者が多い。(白揚社:森田正馬全集 第7巻 p.440

  敗戦した時の惨めな自分の姿を描いた「しかみ像」(209話)を座右に置いて、努力奮闘の糧、そして慢心の戒めにしていた徳川家康、寝る前の1時間を反省の時間にしていた松下幸之助(211話)、すばらしい例は今まで何人も御紹介してきた通りである。

« 神経質礼賛 1649.結膜下出血 | トップページ | 神経質礼賛 1651.ヴァイオリン協奏曲「不安」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1649.結膜下出血 | トップページ | 神経質礼賛 1651.ヴァイオリン協奏曲「不安」 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30