フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1716.不思議の国のアリス展 | トップページ | 神経質礼賛 1718.新型コロナウイルス感染症の影響 »

2020年2月20日 (木)

神経質礼賛 1717.医療費控除

 また確定申告(1357話)の季節がやってきた。年間の医療費が10万円を超えると、超えた分の医療費控除が受けられる。10万円を超えることはめったにないが、昨年は妻が白内障の手術を受けていて、珍しく10万円を超えたので、今回は医療費控除分を加える必要がある。医療費の明細書を作るのは面倒である。診察を受けた人の氏名、年月、診療区分(入院・外来・調剤)、医療機関(薬局)名、支払額を記載していき、集計する必要がある。しかしながら便利なものがある。健康保険組合から送られてくる「医療費のお知らせ」である。一番下の右側に前年1月から9月までの医療費の支払い額合計が記載されているので、これを添付し、10月から12月の3か月分の明細を作って合算すればよいのである。自分で作成する手間がだいぶ減らせて助かる。これを利用しない手はない。医療費控除をされる方はぜひ活用していただきたい。この前の日曜日に昨年10月から12月までの医療費の明細は作っておいたので、今朝、国税庁の確定申告のホームページを開いていろいろと入力していき、申告書をプリントアウトした。それに源泉徴収票などの資料を貼り付けていく。

 税務署までは徒歩20分の散歩である。例年ならば駿府城の堀の周りを走る中高校生と出会うが、今年は新型コロナ肺炎対策のためか、全く見かけない。申告書提出は4人待ち、5分ほどで済んだ。提出すると控えの紙に受領のスタンプを押してもらえるので、ちゃんと出したかどうか気になってしまう神経質人間にとっては安心である。他の用事や買物を済ませて帰宅すると正午近かった。昼食後に妻から「パンがもうないから買ってきてくれない?」「ついでに郵便局へ行っておじいちゃん(義父)が使わなかった年賀はがきを切手に交換してきてよ」と御用を仰せつかる。商売繁盛、失業の心配はなさそうだ。

« 神経質礼賛 1716.不思議の国のアリス展 | トップページ | 神経質礼賛 1718.新型コロナウイルス感染症の影響 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1716.不思議の国のアリス展 | トップページ | 神経質礼賛 1718.新型コロナウイルス感染症の影響 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31