フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1860.カーテンコール | トップページ | 神経質礼賛 1862.労働力調査(2) »

2021年5月 2日 (日)

神経質礼賛 1861.大幅に遅れているワクチン接種

 いよいよゴールデンウイークに突入した。東京や大阪などでは非常事態宣言が発令されて移動を避けるように言われている。しかし、駅では大型キャリーバッグを引っ張って歩く人の姿が目に付く。ウイルスが感染力の強い変異株に置き換わり、さらなる流行の拡大が懸念される。頼りはワクチン接種が進んで国民の大部分の接種が完了することである。TVニュースでは高齢者のワクチン接種が行われている様子が報じられている。本当に政府が喧伝しているようにワクチン接種は進んでいるのだろうか。

 この2月から医療従事者にワクチン接種が始まった。私の勤務先でも3月中にはワクチン接種を行うはずだったのだが、1カ月遅れて4月の中旬に行うことになった。それが、市からの供給が遅れていて、今のところ5月中旬の見込みということでどんどん遅れているのである。マスコミは政府に不都合な情報を流せないのだが、医療サイトでは国民全体に接種が行きわたるまで相当の年数がかかる見込みとの情報も流れている。しかもワクチンの効果も半年とか1年で減弱するだろうから次々と3度目4度目の接種をしなくてはならない。年内に国産ワクチンを開発するなどという某大臣の発言は選挙対策のハッタリであることはミエミエだ。

 昨日(5月1日)、渋谷・原宿・新宿駅周辺で東京都が若者480人にアンケート調査を行った結果が報道されていた。不要不急でも外出した理由は、「マスクをしているから大丈夫」が160人と3分の1を占め、「皆が外出しているから」が73人で両者を合わせてほぼ半数に上ったという。これだけ感染が広がってくると、マスクをして手洗いをしていても市中感染のリスクが高くなっている。変異株の感染では若者でも重症化する恐れがある。とにかく私たちにできることは、神経質を発揮して極力危険な場面を避けることである。

« 神経質礼賛 1860.カーテンコール | トップページ | 神経質礼賛 1862.労働力調査(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1860.カーテンコール | トップページ | 神経質礼賛 1862.労働力調査(2) »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31