フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1899.楽譜がない曲 | トップページ | 神経質礼賛 1901.糸引納豆禁 »

2021年8月29日 (日)

神経質礼賛 1900.ひたむきに生の欲望に突進する

 外来患者さんが多くて忙しい日は頼まれて書く書類も多い。そういう時に限って、病棟から診察を求める連絡、外線電話が飛び込んできたりする。隣の老健で急に亡くなった人が出て対応を求められたり、ワクチンの打ち手が足りなくて応援を求められたりもする。一つを処理していても次々と仕事がたまってしまって気が焦ることがある。しかしながら、どうすることもできない。一つ一つ処理していき、特に急ぎを要する件は仕方がないので途中に割り込ませて処理していく。以前にも紹介したように、森田先生は、気の焦りは仕事を、早く仕上げたい・片付けたいという衝動の気分であって、この衝動がすなわち仕事を早くはかどらせるところの原動力である、と言っておられる。

 我々も昔は、随分長い間、「死を恐れない」という修養に身を浮身をやつしたのであります。その後ようやくにして、その努力の不可能であるという事を知ると同時に、ただひたむきに、生の欲望に対して突進するという事によって、初めて死の恐怖の影が消滅するということを知ったのである。 
 仕事に対する心のあせりも同様で、そのあせりを取ろうとしては、不可能であるが、ただそのあせるがままに、仕事の能率をあげる工夫にのみ熱中しさえすれば、その間おのずから、あせるという不快の気分を、いつの間にか、忘れてしまっているのであります。(白揚社:森田正馬全集 第5巻p.625-626)

 毎日あたふたと自転車操業で進歩がなくて情けないなあ、とは思うが、生の欲望を原動力にして、焦りながらも何とかなっているのだから、まあよしとしよう。

« 神経質礼賛 1899.楽譜がない曲 | トップページ | 神経質礼賛 1901.糸引納豆禁 »

コメント

四部休符先生

一つ先生にお聞きしたいことがあります。仕事以外の日常生活における「焦り」も焦るがままに目の前の事をやればいいのですか?

気の焦りは物事を(例えば家事、風呂に入るなど)を早く仕上げたい・片付けたいという衝動の気分であって、この衝動がすなわち物事を早くはかどらせるところの原動力である、と解釈してよろしいでしょうか?ご指導受け賜わりたくお願い致します。

四分休符先生

あと車の運転などは気が焦るがままに気を付けて運転していればいいんでしょうか?そうすれば結果的に気が焦らなくなるのでしょうか?

よろしくご指導受け賜わりたくお願い致します。

森田療法命 様

 最初に書かれたことは概ねその通りですが、すべては程度問題であり、例えば車の運転中にあまりにも気が焦る状態では危険ですから運転は避けるのが「常識」でしょう。森田先生の形外会でもこの種の発言をする参加者があり、森田先生は「いたずらに言葉尻の詮索をしてはいけない」と注意を与えておられます。もう少し柔軟に考えましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1899.楽譜がない曲 | トップページ | 神経質礼賛 1901.糸引納豆禁 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30