フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1909.新なる装備品 | トップページ | 神経質礼賛 1911.感染の消長は「ノリ」次第? »

2021年9月30日 (木)

神経質礼賛 1910.危険な食べ物

 危険な食べ物、と聞いて皆さんは何を連想されるでしょうか。
① 着色料や保存料など人体に有害な化学物質や発がん性物質などを含んだもの。
② 食べると一瞬は美味しいけれども、少し遅れて辛くて涙が出るような激辛食品。
③ 味は良いけれども、強烈な臭いを発して周囲に迷惑必発のクサヤの干物、ドリアンなどの食品。
④ 女性の場合、美味しいスイーツ類。食べ出したら止まらなくなり、体重計恐怖症を発症させる食品。

人によっていろいろあるだろう。私の妻は①に極めて敏感で、頂き物、冠婚葬祭の引き物は厳重にチェックをして怪しいものが少しでも入っていそうだと即、廃棄処分になる。私も神経質だけれども、①に関してはそこまでではないし、食品を捨てることには抵抗を感じるので、処刑前にこっそり救出して当直の時に食べて消費している。

 別の意味で危険な食べ物がある。昨日の病院食はスパゲティミートソースだった。以前の勤務先だとあらかじめ麺の上に具材が載っていて、電子レンジで温めてそのまま食べられたけれど、今の勤務先では、袋に入った麺をラーメン屋のような小さなザルに入れて湯の中でほぐし、湯切りをして皿に移し、それに具材をかける。セルフサービスである。温かいし麺もみずみずしくてよいのだが手間がかかる。さて、食べる段階で問題が発生することがある。箸で麺を持ち上げた時に麺が跳ねて小さな具材が白衣の上に飛ぶことがある。こうなると極めて厄介だ。濡れたティッシュペーパーで何度も拭き取ろうとするがケチャップの赤色は簡単には落ちないのだ。同様に、美味しいカレーうどんも汁が飛んだら厄介であり、⑤白衣の敵・危険な食べ物の両横綱と言っていいだろう。ハンカチを広げて食べればよかったなあ、といつも後悔するが、どうも学習効果がなくていけない。

« 神経質礼賛 1909.新なる装備品 | トップページ | 神経質礼賛 1911.感染の消長は「ノリ」次第? »

コメント

 主婦が食べ物の安全性に敏感だと、ちょっと厳しいとしても、家族は幸せだと思います。奥様には及びませんが、私も食べ物の原材料などは気になる方です。最近特に気になるのは小麦粉で、国産に越したことはないと思います。小麦粉は実に多種多様な物に使われているので、現状では輸入のものを避けきれるわけがないのですが。コーヒーも半分くらいはオーガニックを選びます。私が栽培(と言うほどの量ではありませんが)しているハーブも、種から無農薬のもので、土などもそうです(メーカーを信頼して)。だから、当地の環境ではなかなか望みどおりに育ちません。今回は試しです。
 先生が奥様のことをお書きになる文章には、なんか愛情がにじみでていています💙

夏子 様

 コメントいただきありがとうございます。

 我が家では米は無農薬か減農薬の玄米。その他の食品もできるだけ国産です。ハーブも以前は妻が何度か植えたのですが、ほったらかしで、確かに無農薬なんですけど、モジャモジャ状態で手が付けられなくなって結局処分を繰り返しています(笑)。ハーブをしっかり生かしておられるのは大したものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1909.新なる装備品 | トップページ | 神経質礼賛 1911.感染の消長は「ノリ」次第? »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30