フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1934.不眠のお悩み | トップページ | 神経質礼賛 1936.精神鑑定 »

2021年12月12日 (日)

神経質礼賛 1935.ベビーチーズ(4)

 毎年変わるベビーチーズの期間限定シリーズ。昨今の家呑み情勢に合わせて「おうち居酒屋」と名乗っている。今回は「ポルチーニ薫る燻製ベーコン入り」と「チーズタッカルビ味」である。前回の「焦がしニンニク」はブルサンチーズのようにパンとの相性抜群だった。ぜひアンコールをお願いしたい。今回はどうだろうか。

  今までもベーコン系のものはあった。少しベーコンっぽい塩味がする。恥ずかしいことに、そもそもポルチーニ茸の味や香りがどういうものか知らないため、それ以上何とも言いようがない。「チーズタッカルビ味」はおそらく今まで発売された期間限定品の中で一番の曲者だろう。まず、包装を開けてみると色が全く異なる。白色~淡黄色の普通のチーズと異なり橙色である。そしてよく見るとごく小さな赤い点が散在している。おそらく唐辛子なのだろうと想像がつく。危険な雰囲気が漂う。口に入れて3秒ほど経つと辛さが襲ってくる。激辛というほどではないが、結構辛い。お子様禁の味である。パンやレタスと一緒に食べるにはいいとして、単独では少々辛過ぎるように思う。

 この期間限定シリーズはうれしいことに4個100円程度で売られている通常のベビーチーズと同じ価格である。見かけると、何だろうと思って気軽に買ってみている。こういう創意工夫・遊び心はとても良い。また次回に期待しよう。

 

« 神経質礼賛 1934.不眠のお悩み | トップページ | 神経質礼賛 1936.精神鑑定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1934.不眠のお悩み | トップページ | 神経質礼賛 1936.精神鑑定 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31