フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 1999.コロナ鬱の特効薬 | トップページ | 神経質礼賛 2001.スイカの始末 »

2022年6月30日 (木)

神経質礼賛 2000.自由に思わせておく

 石丸悟平(1886-1969)という作家、宗教思想家がいた。大阪府生まれ。早大国史学科卒。教員として勤めた後、大阪弁を取り入れた長編小説『船場のぼんち』で文壇デビュー。『人間親鸞』を朝日新聞に連載。雑誌『人生創造』を刊行。大正から昭和(戦前)にかけて大変人気があり、当時の師範学校生たちにとって必読の書となっていたそうである。また、茨木中学の後輩の川端康成に影響を与えたと言われている。花園大学客員教授もつとめた。大阪府豊中市には記念碑があり、彼の胸像の台座には「人生に結論なし ただ創造の一途あるのみ 意味は発見し得る者にのみ輝く」という言葉が刻まれている。

 森田先生の形外会でも参加者の某氏が石丸氏の著書について質問する場面がある。「石丸氏の『生きて行く道』という本の内に、神経質の治療例が出ています。石丸氏の言葉は、すべて「思想の矛盾」かと思われるが、いかがでしょう」。石丸氏は「思考力のなくなったのを治してほしい」と訴える人に対して「脳神経衰弱なり。治るものである。観念を持つことだ。君のように立身出世ばかり心配するものはない。(中略)一切を捨てること。命だけ残すこと。世間の事は何も考えぬこと。日光浴でもすることだ」などと答えている。森田先生は同氏の「人生創造」という雑誌の記述について批判して次のように述べておられる。

 ここの修養法では、苦楽とか・善悪・正邪とかいう標準を、一切立てる事をしない。頭痛や不眠でも、そのままじっと持ちこたえるだけで、苦しいとか困るとか、口外する事を禁じる。まもなくこれが解消された時にも、さらにこれを喜んだり安心したりする事を決していわせない。喜べば必ずその反動で再発します。赤面恐怖でも、気になるとか苦しいとかいう事をいわせないと同様に、これがよくなって、「外を歩いても平気になった」「人前で楽になった」とか喜んではいけないのです。
 それらの事は、みな起こるべきに起こり、かくあるべきにあるところの事実であるというまでの事で、腹がへれば苦しく、満腹すれば落着くというように当然の事である。これを日常百般の事に一つ一つ苦楽善悪で評価していっては、とうてい、仕事も間に合う事ではない。能率のあがるはずがない。

 かくの如く、ここでは石丸さんのいう様に「どう思え」とか、「思うな」とかそんな事は決して教えない。自由に思うままに思わせておく。それで苦楽好悪とか、思う思わぬとかいう事を超越し・無視し・放任する事ができるようになった時に、初めてすべての神経質の症状が解消するのであります。  (白揚社:森田正馬全集第5巻 p.578-579)

 こう思え、ああ思え、ということ自体が強迫観念を作り出してしまうのである。理屈ではなく実際の行動を重視していくのが森田のやり方であり、名前が残っていないが参加者・某氏の発言は実に的確だったと言えるだろう。

 

« 神経質礼賛 1999.コロナ鬱の特効薬 | トップページ | 神経質礼賛 2001.スイカの始末 »

コメント

石丸さんの本を読ませていただきます。
親鸞の「流されるままに」と通じるものがあると感じました。
石丸さんは真宗かな。

小山 昭治 様

 コメントいただきありがとうございます。

 石丸さんの名は現代ではあまり聞きませんが、一世を風靡した方のようです。

  四分休符 先生

 「神経質礼賛」 執筆2000回 おめでとうございます。
 神経質性格のわたしどもの生き方、毎日の暮らし方についてご自分の体験を通して
お教えいただき感謝しております。
 プロ野球の選手でしたら、2000本安打を打てば名球会入りです。大変な偉業だとおもいます。あらためましてお祝いとお礼を申し上げます。これからもよろしくお願いします。
 それにつけても、2001回が森田先生の下されものとは、先生もユーモアがおありですね。四分音符先生にはスイカはお送りしませんのでご心配なく。

神経質流儀 様  四分休符先生

神経質流儀様、四分音符先生、ですか~

休符と音符ではビミョーな違いが...そして意味合いとしては大きな違いが...
私は、休符とは。う~ん、なるほど、と勝手に解釈しておりました。四分音符ではチョイと忙しいと。 
四分休符先生、勝手解釈失礼致しました。

かねてより神経質流儀様とは個人的に少しだけ伺いたい、接点があれば、と思っていました。鈴木知準先生のご指導を受けてらっしゃる。いわば私も40余年前ですが、そうであったのでOBに当たる、と思いまして。だからどうした、と言われても困るのですが。

メロンは好き嫌いが結構ありますので、よそ様にお持ちする時、少し気を遣います。

スイカに関しては四分休符先生のタイトルとは違いますが、好きでこの時期には欠かせません。病人、年寄りにもやさしい食材と思っています。そして、何より皮、です。皮は、漬物になります。これがまた、おいしい。

この災害級暑さは問題です。畑のスイカも炎熱被害。高騰しています。ですが、こだまスイカは大丈夫そうなので毎日欠かせぬスイカ、です。

余計なコメントで失礼致しました。ちょいと時間がとれましたので。

コメントしましょうかな、と思いつつ忙しさにかまけて出来ずにいました。

暑さに加えての忙しさでダブルパンチ。日はアッという間に過ぎゆく状態でした。

梅雨は明けていない、と感じています。風が、違います。真夏特有の気候には思えないのです。言ってみれば涼風。炎熱太陽でわかりにくいのですが、かすかな風はまだ本格的夏の到来を告げてはいない。なんとはなしに動物的感覚です...

また余談で、先生、ごめんなさい。

  四分休符 先生 yukimiya 様
 
 お祝いのメッセージに先生のブログネームを間違えまして申し訳ありません。

 ご指摘の通り、鈴木学校ではyukimiya様の13年ほど先輩になりますか。不安神経症
でしたが、知準先生に治していただきました。120日の入院で基礎を作っていただいたと言った方が適切でしょうか。
 鈴木先生の著書のほかに、辻村明先生の著書『私はノイローゼに勝った』などの著書が参考になりました。飛行機に乗るときはいつも鞄に入れていました。辻村先生も同じ症状でしたので。ただ、いまは絶版になっているかもしれません。
 四分休符先生も仰っているように、指導者との相性というものがあるようですので、運みたいなものですよね。私は知準先生のところがあって本当に感謝しています。

神経質流儀 様

 コメントいただきありがとうございます。

 気が付けば2000話到達、そんな感じです。
単なる強迫行為と笑われるかもしれません(笑)。
それでも、どこかで人様のお役に立てる部分が
少しでもありましたら幸いです。

yukimiya 様

 コメントいただきありがとうございます。

 熱中症予防が叫ばれている昨今、すいかは
ピッタリの食品です。ただし、1個買ってしまうと
始末に困りますので、小玉すいかにするか、
スーパーでカットすいかを買うのが現実的です
ね。皮を漬物にするというのは無駄なく食べら
れて素晴らしいことです。まさに「物の性を尽く
す」かと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 1999.コロナ鬱の特効薬 | トップページ | 神経質礼賛 2001.スイカの始末 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31