フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 2009.男性の更年期障害 | トップページ | 神経質礼賛 2011.SDGsと森田療法 »

2022年7月31日 (日)

神経質礼賛 2010.歴史博物館

 長いこと新築工事をしていた静岡市歴史博物館が完成した。元々、静岡浅間神社の中に小さな歴史資料館があって、今川家や家康関連の資料を展示していたので、企画展があると私も時々見に行っていたものだ。それを閉鎖し、駿府城公園近く、少子化のため廃校となった青葉小学校跡に新築したのである。本格オープンは来年になってからであるが、先週から土日限定プレオープンとして、1階部分を無料公開しているので、今朝、行ってみた。新静岡セノバから徒歩3分ほど。便利なところにある。

 特徴は1階部分に発掘された道路と石垣の遺構がそのまま展示されていることだ。長さ約30mにわたる。何も記載がなかったので係員に「写真を撮ってもいいですか」と尋ねると「フラッシュでも大丈夫ですよ」とのこと。竹千代(家康)少年がまさにこの土を踏みしめて歩いていたのだろうか、と思いを馳せる。竹千代少年が生活していた人質屋敷があった場所は諸説あって、浅間神社近くの宮ヶ崎町とも、駿府城南側、現在の新静岡駅付近だったとも言われている。他はまだ展示物は少なく、展望室の見学を待っている人たちがいた。来年になって、いい企画展があったらまた来てみようと思う。

 職場の規定では、まだまだ県外の美術館や博物館を見に行くことができない。せめて、県内で見ることができる所には行ってみたい。

 

« 神経質礼賛 2009.男性の更年期障害 | トップページ | 神経質礼賛 2011.SDGsと森田療法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 2009.男性の更年期障害 | トップページ | 神経質礼賛 2011.SDGsと森田療法 »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31