フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 2192.静岡マラソンの交通規制 | トップページ | 神経質礼賛 2194.再スタート »

2024年2月 4日 (日)

神経質礼賛 2193.オポチュニティー(好機)の後ろはツルツルの禿頭

 先月、一般向けの森田療法セミナーの講師を依頼された。講演時間は合計80~90分間。会場で話すのではなくビデオ録画してYouTubeで流すのだそうである。初めてのことであるし、以前、BS-TBSの歴史番組に少しだけビデオ録画で出演した際にひどく緊張した記憶があって躊躇(ちゅうちょ)したが、せっかくのオファーなので引き受けることにした。次のような森田先生のオポチュニティー談義を思い出した。

 人から何か物を頼まれるとか、仕事の口を授けてくれるとかいう時に、もしイエスかノーかに迷って決し難い時は、さしあたりまずイエスと答えておく事にする。私も昔からこのやり方をいろいろと経験してきた。私の大学助手時代、私の先輩の一人に、丁度私と反対の人があった。当然イエスの明瞭な事柄にも、なかなか容易にイエスといわない。多くの人は、このイエスの答をいたずらに躊躇逡巡するために、得難い機会・オポチュニティーを取り逃がしてしまう。天から降ってきた運命を、自ら切り開く事ができない。
 ある人のたとえ話に、オポチュニティーというものは、長い髪が前にばかり生えていて、後ろはツルツルの禿頭である。至るところに飛び回り窓からでも出たり入ったりしている。これを前からつかまえれば、容易にとらえられるが、後ろからは決して、つかまえる事はできないというのである。このイエスも同様で、その時期を失えば、後からいくら頼んでも、思うようにならぬ事はいくらでもある。
 私が今日まで得て来た奉公口でも、原稿や講演を頼まれる時でも、私はいつでもなるたけ早くイエスと答える。(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.535)

 さて、引き受けたはいいが、スライドや原稿の作成で慌てている。4月のビデオ撮りまで演奏会以上に準備に追われ緊張することになりそうだ。

 

« 神経質礼賛 2192.静岡マラソンの交通規制 | トップページ | 神経質礼賛 2194.再スタート »

コメント

四分休符先生

お体は良くなってきましたでしょうか?お大事にしてください。

講演を収録されユーチューブで流すとのこと、とてもうれしいです。4月から一般の誰でもユーチューブで見れるようになるのでしょうか?

期待しております。先生のご活躍とてもうれしいです。いつまでもお元気でブログを書いて下さい。よろしくお願い致します。

  
  四分休符 先生

 インフルエンザに罹患されたとのこと、お見舞い申し上げます。
 先生のブログを楽しみに拝見させていただいておりますが、どうか
 ご無理をせずゆっくりとお休みください。
 律儀なコメントなどもご放念ください。
 またお元気になられたら、ブログはいくらでもお書きになれますので
 今は、奥様がお医者様だと心得てご指示に従われるのがよいと思って
 おります。

森田療法命 様

 コメントいただきありがとうございます。

 講演は短く編集したものが保存公開される
と聞いております。そのうち、またお知らせし
ます。

神経質流儀 様

 お気遣いありがとうございます。

 仕事の方はあと1年ちょっとしたら、
だんだんフェードアウトしていく予定で
います。神経質礼賛の方は細く長く
続けていきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 2192.静岡マラソンの交通規制 | トップページ | 神経質礼賛 2194.再スタート »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30