フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 2222.連休の中日 | トップページ | 神経質礼賛 2224.いっぷくどうぞ »

2024年5月 5日 (日)

神経質礼賛 2223.クヤヴィヤーク

 FMのクラシック番組をかけていたら、ポーランドの作曲家で名ヴァイオリニストだったヴィエニャフスキーの曲が続けざまに流れていた。彼の作品には2曲のヴァイオリン協奏曲、スケルツォ・タランティラ、華麗なポロネーズ、モスクワの思い出、などの名曲があるが、難曲揃いである。たまたま聴いたクヤヴィヤークは、「これなら弾けそうだ」というお手頃曲だ。ドリーブ作曲コッペリアのマズルカにちょっと似た旋律で親しみやすい。知りたがりの神経質ゆえ、調べてみると、クヤヴィヤークとはポーランドの五大民族舞曲の一つでマズルカの一種とも言われているようだ。確か高校時代にヴァイオリン関係の10巻分だけを買った音楽之友社の世界大音楽全集に楽譜が入っていたな、と思って引っ張り出すと器楽編第50巻にあった。途中で左手ピチカートが混在する部分と、最後のところのフラジオレットで半音階を素早く上がっていくのがちょっと難物だが、何とかなるかなと思い、ネットの楽譜図書館からダウンロードしてプリントアウトした。

 今日は友人との練習日。モーツァルトのヴァイオリンソナタなどいつもの曲を弾いた後で友人が初見で伴奏してくれてクヤヴィヤークを弾いてみる。いい感触であり、これもいずれレパートリーに加わりそうだ。今年も「アマチュア・アンサンブルの日」の出演申込をしてある。曲目はベートーヴェン作曲ヴァイオリンソナタ第5番「春」第一楽章とモンティ作曲チャルダシュ。果たして抽選を通るかどうか。練習を終えてから持って行った地酒を開けて幸運を祈る。

 

« 神経質礼賛 2222.連休の中日 | トップページ | 神経質礼賛 2224.いっぷくどうぞ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 2222.連休の中日 | トップページ | 神経質礼賛 2224.いっぷくどうぞ »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30